2008年06月06日

子宮内膜症治療薬「ルナベル」薬価決定

子宮内膜症に伴う月経困難症の治療薬、低容量ピル(OC)の保険処方が可能な「ルナベル」の承認についてお知らせしましたが、ようやく薬価が決定したそうです。

1周期21日で服用する計算で、1周期2100円+処方代、となります。約3000円弱、といったところでしょうか。
現在自費処方されている低容量ピルは、大体2000円から5000円で処方されているため、負担が軽くなる方もあるかと思います。

ただ、保険で認められた新薬ですので、処方は1か月分、が処方単位となり、発売から向こう1年間は何か月分も処方できる、ということはありません。
それでも通常新薬は14日が限度。ルナベルに限って、特別に1ヶ月の処方が認められたのは、21日内服、1週間休薬、というOCの特性に合わせて、新薬でも1周期分処方の認可を求め続けてきた日本産科婦人科学会や子宮内膜症協会、製造販売元の製薬会社の尽力の賜物で、通常は考えられない認可だったのです。
本日、早速薬剤シートのサンプルを見せていただきましたが、21日用のシートに作られているので、1シート処方が可能になって本当によかったと思います。

ルナベルについては、このブログでもお知らせしましたし、早くも患者さんの中でも情報が出回っているようで、産婦人科クリニック さくらの外来でもよくあるご質問の一つとなっています。発売され、処方可能となるのはもう少し先になるようですが、保険診療の「ルナベル」と、自費診療で処方されるこれまでのOCと、どちらの処方がいいか、よくお考えの上、外来で相談して下さい。

(2013年9月、「ルナベル」の名称が、「ルナベルLD」に変更されました)


女性健康外来のお知らせ
6月より新しいサービスとして女性健康外来を開始いたしました。既に多くのお問い合わせや検査を行っております。このブログ内や院内でもご案内しております。お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

・関連記事補筆修正
子宮内膜症 〜子宮内膜症って? 今後の記事のご案内〜
OC(低用量ピル) 〜子宮内膜症の治療法〜
子宮内膜症治療の保険適応低用量ピル、「ルナベル」が承認されました。
posted by 桜井明弘 at 01:23| Comment(4) | TrackBack(1) | 子宮内膜症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
、「、ハ、ソ、ホ・チ・ァ・遙シ、ケ箋ロ、ヌソゥ、ル、ソ、、・サ・・ヨ、ャスク、゙、ソキエカウミノッ、マ、ウ、チ、鬘ェ
Posted by at 2008年08月07日 16:16
折角コメントいただいたのに文字化けしています。
お手数ですが再度入力していただけますか?
Posted by 桜井明弘 at 2008年08月07日 19:40
シフ・皃ヌツヤ、チケ遉、サ、ホフオホチ・ヌ・・ミ・遙シ・ロ・ケ・ネハ鄂クテ譯ェナミマソ、・ィ・タ、・゙・タ・爨ャ、ェツヤ、チ、キ、ニ、ェ、熙゙、ケ
Posted by ・ィ・ at 2008年09月13日 06:32
8月7日にもコメントを頂いたようですがまたしても文字化けです。
ごめんなさい、返答できません。別の方法で書き込んでいただけますか?
Posted by 桜井明弘 at 2008年09月14日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ルナベル、7月3日発売決定。
Excerpt: 子宮内膜症に伴う月経困難症の治療薬、低容量ピル(OC)の保険処方が可能な「ルナベル」の承認、薬価決定についてお知らせしましたが、いよいよ7月3日、発売が決定し、実際に処方することができるようになります..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら
Tracked: 2008-06-23 00:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。