2008年01月10日

排卵の予測 〜一般生殖医療 診療のポイント〜

排卵の予測は、
基礎体温
・卵胞計測
ホルモン検査
などから総合的に判断します。

・最初の周期は、月経開始後12〜14日目くらいに受診して頂きます。基礎体温をつけている方は大体の排卵日が分かるため、受診に適した日程を外来でご相談ください。
・基礎体温では高温期になる頃に排卵することが知られています。
・卵胞計測は経腟超音波で行います。卵胞とは卵巣にできる卵子の入った袋のことで、自然周期で約20mm、クロミッドを服用した周期で約30mmに発育した頃に排卵します。
・ホルモン検査は「LH」「E2(エストラジオール)」「P4(プロゲステロン)」の3項目を行うことが多いです。ホルモン検査は外来では通常、超音波検査の後に行うことが多く、排卵日を予測するには、院内で迅速検査を行います。採血後、約20分で結果が出ます。排卵日がおおよそ一定している場合、数日前の診察で予測できる場合は、先に採血を行うことがあります。

・これらを総合して排卵を予測することができます。ただし初めての周期や、卵胞の発育が遅いと排卵日の予測が難しいこともあり、翌日または何日か後に数回受診していただくこともあります。


posted by 桜井明弘 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(5) | 生殖医療(不妊治療)一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

院内迅速検査
Excerpt: 血液、尿検査、細胞検査、病理検査など、当クリニックでは外部の検査会社さんに委託し、ほとんどの検査を行えるよう準備しましたが、今日は、当クリニック内で行える迅速検査、お問い合わせも多いため、書いてみます..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら http://www.cl-sacra.com/
Tracked: 2008-01-14 22:52

受精方法 ~一般生殖医療・高度生殖医療~
Excerpt: 生殖医療のもっとも大きなポイントは、いうまでもなく「排卵に合わせて受精させる」ことです。基本的なことですが受精方法は、大きく以下の3つに分けることができます。 1.タイミング法 通常の性交渉による..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら http://www.cl-sacra.com/
Tracked: 2008-02-16 00:04

最後の排卵情報って・・・
Excerpt: 排卵日検査薬 チェックワンlhデジタル 5回用 本日は乗っています。がんがん最新...
Weblog: 排卵って気になりませんか?
Tracked: 2008-03-03 18:01

排卵最新おどろき情報!
Excerpt: ★送料・代引き無料★レディデイが新しくなって新登場♪だ液で分かる排卵期チェッカー...
Weblog: 排卵って気になりませんか?
Tracked: 2008-03-18 11:22

排卵に関するいくつかの誤解 ~基礎体温~
Excerpt: よく皆さんから質問される、また様々な情報の中で、当たり前に流されている、排卵に関する誤解、間違いを紹介します。 この誤解は、大きく二つに分けられます。「排卵日」に関するものと、「左右交代に排卵」です..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら http://www.cl-sacra.com/
Tracked: 2008-03-22 00:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。