2013年07月26日

不妊治療のステップアップ 〜原因不明不妊〜 2013年7月26日補筆修正

生殖医療では、不妊原因の検索がとても大切です。いくつかの原因は、それに対する治療を行うだけですぐに妊娠できる場合があります。
しかし、妊娠は様々な条件が整って始めて成立するもので、まだその多くの条件は医学的に解明されていないとさえ考えられています。

女性にも、男性にも明らかな不妊原因がない場合、「原因不明不妊」とされ、通常はタイミング法のご指導から行います。
しかし妊娠に至らないときは、数周期をめどに排卵誘発剤を用いたり、人工授精を行ったりします。
これをステップアップといいます。

何周期くらいの治療でステップアップをすべきか、様々な意見もありますが、概ね3周期、多くて5周期くらいと考えられています。これは統計的なデータに基づいており、同じ方法を繰り返して妊娠にいたる例は、ほとんどが3周期、多く見て5周期くらい、と考えられるからです。

当院の人工授精の成績も参考にして下さい。

ステップアップを順序だてて行う場合は、

自然周期 +タイミング法

排卵誘発剤+タイミング法
または
自然周期+人工授精

排卵誘発剤+人工授精

高度生殖医療(体外受精)

となるのが一般的です。順序を踏まえて治療を行うと、体外受精などの高度生殖医療にいたるまで、約1年かかります。

正常排卵周期を有する方への排卵誘発剤の投与、正常精液検査所見の方への人工授精に、治療効果が疑問視もされていますが、当院でも精液所見が、とても良いカップルでの人工授精の妊娠はほとんどみられていません。

治療に対するお二人の考えや価値観を重視しながら、ステップアップについては個々に相談したいと思います。

(初出2008年01月09日)


posted by 桜井明弘 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(2) | 生殖医療(不妊治療)一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

受精方法 ~一般生殖医療・高度生殖医療~
Excerpt: 生殖医療のもっとも大きなポイントは、いうまでもなく「排卵に合わせて受精させる」ことです。基本的なことですが受精方法は、大きく以下の3つに分けることができます。 1.タイミング法 通常の性交渉による..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら http://www.cl-sacra.com/
Tracked: 2008-02-16 00:04

誘発剤と人工授精「効果なし」 8月29日読売新聞記事より
Excerpt: 読売新聞の健康欄に記事が出ていました。 英国医学雑誌に投稿された論文を紹介し、明らかな異常がない場合の排卵誘発剤や人工授精は、それを用いない、行わなかった場合と比べて妊娠率の向上が見られない、というも..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら
Tracked: 2008-09-05 00:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。