2007年11月17日

腹圧性尿失禁

笑ったり、走ったり、くしゃみしたり。いずれもお腹に力が入りますが、このときに起こるのが、腹圧性尿失禁(尿もれ)です。

産後、特に経腟分娩後に一過性に見られたり、しばらく続いたり、また40代、50代、60代と、加齢変化の一つとしてだんだん多くなります。

飲み物を控えたり、努力してもなかなかよくならず、気になって外出を控えたり、女性のQOL(クォリティー・オブ・ライフ)を著しく損ねています。

いったいどれくらい多くの女性が、尿もれに悩んでいるのでしょうか。
年齢や分娩歴によって異なりますが、20〜30%の女性が尿もれに苦しんでいる、とされています。意外に多いと思いませんか?

尿もれに悩んでも、治ると思っていない、どうしたらいいか分からない、特にデリケートな問題なので友達にも相談できない、ましてや医療機関で相談すべきことではない、そう思っている方がいかに多いか。
担当する診療科は、泌尿器科や婦人科です。婦人科で尿もれを心配して相談される方、あまりいらっしゃいませんし、他のことで受診された方にも、我々からあえて、「尿もれはありますか?」と聞けるものでもありません。

なぜ尿もれが起こるのでしょうか。
2つの大きな理由があり、一つは骨盤底筋のゆるみ、衰えです。これは分娩によって過度に進展された骨盤底筋の収縮力が弱くなったり、やはり加齢によります。もう一つの理由は神経の問題です。尿の調節は非常に複雑な神経支配があり、尿をためるときは膀胱がゆるみ、尿道口を締めます。膀胱は筋肉で出来た袋、尿道口は尿道括約筋によって調節されています。また排尿時には、尿道括約筋がゆるみ、尿道口が開き、反対に今度は膀胱が収縮して一気に排尿、となります。筋肉の収縮、弛緩がその調節に必要で、これらの筋肉は当然神経によって支配されています。

次回は治療編を書きます。



posted by 桜井明弘 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 医療一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

尿失禁(尿もれ)アンケート
Excerpt: 1月18日(金)より1ヶ月間、産婦人科クリニック さくらでは、尿失禁(尿もれ)に関するアンケートを行います。 これは尿失禁の頻度を調査し、尿失禁に悩んでらっしゃる方から求められている治療法を考える資..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら http://www.cl-sacra.com/
Tracked: 2008-01-18 00:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。