2013年10月13日

お友達と一緒に子宮頸がん検査、産婦人科デビュー(^_-)

お友達と一緒に、子宮頸がん検査、産婦人科デビュー。

iStock_000015232743XSmall.jpg

先日、別件で当院を訪れた患者さんのエピソードです。

今回初めて、月経調整を希望され、産婦人科に訪れた23歳の女性。

「これまで産婦人科受診はなかったのですか?」
「子宮頸がん検査も受けていないの?」

いずれもNo、でした。

「でもね、20歳を過ぎて、性交経験があったら、少なくとも1年に1回は子宮頸がん検査を受けて欲しいんだ。将来赤ちゃんが出来る身体であって欲しいから。」

といつものように説くと、その女性は分かっていたようで、

はい、でも今度、友達と一緒に受けに来ます。まだ初めてだから恥ずかしいし、でも友達と一緒なら、と思って。。

「うん、いいよ、今度月経が終わったら、是非来て欲しい。ここで無くてもいいんだ、どこでも貴女の身体を守るためだから。」


久しぶりにとても気持ちのいい外来診療でした。

ほんと、どこの施設でもいいから、お友達を一人でもいいから多く誘って、受診してね。

貴女の未来のために。

<関連記事>
子宮頸がん検診の方法と次の検診期間が変わります。


posted by 桜井明弘 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。