2007年01月29日

高崎ARTクリニック見学

27日午後から、先輩である高崎の佐藤病院副院長が理事長を務められる「高崎ARTクリニック」の見学に行って来ました。

理事長の佐藤雄一先生は、高校、大学、産婦人科医局を通じて、不妊診療や内視鏡下手術を専門とするグループまで、実に20年近く、ずっと1年先輩で、まさに公私ともにお世話になっている方です。
今回の私のクリニック開設に当たっても多くの助言を頂いております。

その先生が、2007年1月4日に高崎市に「高崎ARTクリニック」を開設され、院長にはやはり私の後輩でもある会田拓也先生が就任され、早くも体外受精で妊娠された方があったそうです。

クリニックの雰囲気や設立理念、さらに不妊診療の方針まで、斬新なアイディアが盛り込まれており、私のクリニックも既に内装などほとんど決まっておりますが、大変参考になりました。

佐藤先生からは、不妊サイト不妊研究会にも誘って頂き、今後も永く、お付き合いをさせて頂きたいと思っております。


posted by 桜井明弘 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 生殖医療(不妊治療)一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

第13回平成不妊研究会
Excerpt: 以前から参加している平成不妊研究会に一昨日出席しました。 この春、日本産科婦人科学会は、34歳未満の体外受精では、原則移植する受精卵(胚)の数を一つとする、いわゆるSETを行うよう、会員向けに会告を..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら
Tracked: 2008-06-12 01:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。