2013年03月23日

子宮内膜症の臨床治験の受付は、3月いっぱいで締め切ります。

当院では現在、子宮内膜症の臨床治験を行っております。

スライド1.jpg

今回の臨床治験ですが、いよいよ3月末日までで、エントリーの受け付けを終了致します。

興味のある方は、お早めにご連絡下さい。


皆さん、臨床治験、てお聞きになったことがありますか?

新しい薬剤が開発され、実際に治療に使われる前、その治療効果があるのか、またどれくらいの量を使ったら効果があるのかを検討します。

現在産婦人科クリニック さくらでは、子宮筋腫と子宮内膜症の臨床治験に協力しています。
子宮筋腫の臨床治験は、2012年3月17日、受付を終了させて頂きました。


どちらも妊娠を考える世代からの女性の病気として、とても重要です。

これまで手術を始め、様々な薬物療法が日本では使用が可能になりました。

しかしこれ以上に選択肢を広げ、患者さんのQOL向上に努めよう、この趣旨に賛同し、協力を行っています。


対象となる患者さんは

・20歳以上、閉経前の方

・月経が順調であること

・月経痛、骨盤痛のある方

などです。


治験に参加を希望される方は、診療の際に、または受付やスタッフにお気軽に声をお掛け下さい。

治験に関わる費用は一切かからず、交通費手当として一定額が支給されます。


これからの治療薬の開発のため、一人でも多くの患者さんのご参加をお待ちしております。


ご興味頂き、遠くから足を運んで下さった皆さん、ありがとうございました。

また、実際に臨床治験を行って下さっているみなさん、これからも宜しくお願い致します。



posted by 桜井明弘 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。