2006年08月03日

内視鏡学会

正しくは、「第46回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会」と言います。
いよいよ本日からプレセッションが、明日から2日間に渡って本番の学会が、東京で開かれます。
http://square.umin.ac.jp/jsgoe/

内視鏡下手術、産婦人科領域における内視鏡下手術は比較的以前から行われており、診断に用いられた時期を越え、ここ10数年、治療的な腹腔鏡が全盛となっています。
低侵襲、美容的、術後の長期的な合併症が少ない、などの利点があげられます。

私が所属している順天堂大学は国内でも腹腔鏡下手術のメッカと言われるほど有数の手術件数、技術を有しています。

学会はこの手術を中心に新しい技術や治療法、合併症発生の反省からより安全な手術法の提案などが発表されます。

私もほとんど毎年発表していますが、今回は内視鏡下手術の術前管理・治療指針、中でも悪性疾患の鑑別に焦点を中てた発表です。

勿論、発表だけではなく、新しい知見を吸収し、より多くの先生方との交流により、自分を高める努力をしてきたいと思います。


ラベル:腹腔鏡下手術
posted by 桜井明弘 at 06:07| Comment(2) | TrackBack(2) | 腹腔鏡下手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桜井先生、お久しぶりです。
本日「子宮筋腫の内視鏡手術により、がんになる可能性が!」というニュースを見ました。手術を受けたことがある人は病院に相談をと書いてありましたので、執刀して頂いた桜井先生にコメントしてみました。内視鏡学会も認めているとのことですが、大丈夫なんでしょうか?
Posted by 鈴亜 at 2014年05月22日 15:34
鈴亜さん、コメントありがとうございます。

報道の仕方、コメントに問題があると思います。

別に記事にしたいと思います。
Posted by 桜井明弘 at 2014年05月22日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

内視鏡下手術、ガイドライン作成に向けて
Excerpt: 下記トラックバックにある、第46回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会、本日全日程が終了しました。 私個人は、「腹腔鏡下手術術前管理指針」として、手術前に最低限行っておかなければならない、良悪性診断、..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら
Tracked: 2006-08-06 01:59

内視鏡学会
Excerpt: 正しくは、「第46回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会」と言います。 いよいよ本日からプレセッションが、明日から2日間に渡って本番の学会が、東京で開かれます。 http://square.umin.a..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら
Tracked: 2006-08-06 02:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。