2018年10月05日

クロミッド 〜排卵誘発剤の作用と副作用〜

image.jpg

クロミッド、は商品名。一般名はクロミフェンクエン酸塩(かつてはクエン酸クロミフェンとされていました)といい、医師国家試験でも取り上げられるほど、とてもメジャーな薬剤です。

クロミッドは内服の排卵誘発剤の代表的なもので、さまざまな原因による
排卵障害
・ 無月経
・ 不妊症
黄体機能不全
などの治療に広く用いられ、すでに40年を過ぎた臨床使用経験があります。また、不妊治療では、最も多くの患者さんに使われていると言っても過言ではありません。

クロミッドの作用と副作用についてブログ記事を作成しました。

このブログの記事は、新しくなった当院のホームページ内の院長ブログへ随時お引っ越ししています。


(補筆修正:平成30年10月5日)


posted by 桜井明弘 at 09:14| Comment(8) | TrackBack(1) | 生殖医療(不妊治療)一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桜井先生、こんばんは。

クロミッドについて取り上げてあり、とても驚きました…。

私にとっては、第一子の誕生につながった魔法の薬ですが、産婦人科の先生にとっては、日常的に処方する薬でしょうし、今さらあまり聞いても、そんな事もわからない?と思われるだろうと考えていました。ですので、クロミッドを取り上げて頂けたのはとても嬉しいです。
Posted by R.T at 2010年03月10日 23:09
こんちには、私は現在内服しておりますが、内服して2日目に吐き気と急に腹痛とお腹が張った感じがあり下痢‥ 現在も時々痛みがあります。卵巣は大丈夫だそうですが、他に私のような症状の方はいますかぁ?
Posted by T.S at 2010年03月24日 23:20
桜井先生、おはようございます。

前の方がクロミッドの副作用のコメントを書かれていますが、私は吐き気や下痢は出なかったですが、腹痛には毎回悩まされていました。でも、少なくとも私がお世話になった産婦人科の先生方は皆、クロミッドで腹痛なんて聞かない、と言われるのでなるべく気にしないようにしていました。
私の場合は、毎回内服2、3日後から、時々ですが腹痛がおきます。一度クロミッドが増量になった時、痛みで週末を迎えるのが不安で受診した事があります。エコーの結果は卵胞が順調に育っているだけで異常なし。かかりつけ医師からは、内服ではほとんど卵巣過剰刺激はおきないこと、ただし、我慢できない腹痛がおきた時は受診するように、と言われていました。

今月残念ながら月経が来てしまい、子供の入学をひとつの節目と考えていたため、不妊治療を休止することにしました。仕事も常勤は降ります。

不妊治療を中止ではなく休止にした理由は、親しい友人が、まだ高度生殖医療を続けるからです。今年に入り妊娠反応が出たものの、心拍確認が出来ず…という残念な知らせがありました。辛いはずなのに、私を気遣う友人を見ていて、私が不妊治療を中止するとはとても言えません。もともと友人に治療をすすめたのは私ですから。

休止の事は、かかりつけ医師にも伝えました。どちらにしても、クロミッドは秋から続けているので、これ以上続けてもデメリットが大きそうですね。
Posted by R.T at 2010年03月27日 10:42
R.Tさん、こんにちは。

そうですか、治療休止ですか。子供を作るのも、タイミング、時期がありますから、R.Tさんの選択も決して誤ってるとは思いません。

クロミッドを続けることのデメリットですが、現れる方も現れない方もありますので、一律には言えませんね。
Posted by 桜井明弘 at 2010年04月02日 12:24
桜井先生、コメントありがとうございました。

先生に手術していただいてから、もう少しで一年。また、さくらへ検診に伺う季節となりました。本当は、妊娠の事だけを考えれば、今の休止は良い選択ではないと思っています。でも、先月私は、クロミッドを飲む気持ちにどうしてもなれませんでした。

地元のかかりつけ医師には、また治療を再開する気持ちになったら、いつでも来なさい…と暖かい言葉をかけていただきました。

今は治療の事から少し離れて、娘の入学や成長を見守りたいと思います。

娘は最近、桜井先生みたいな医者になって、困っている人を助けてあげたい、と言い出しました。

娘にとっては、桜井先生はママを救ったスーパードクターなんですね…将来、娘がどうなるかはわかりませんが。でも娘が目標を持てたのは、私の内膜症、不妊治療を見守り続けてきたひとつの結果だと思っています。
Posted by R.T at 2010年04月03日 23:34
R.Tさんががんばっている姿を、幼いながらも娘さんはしっかり見ていたんでしょうね。そう思うと、自分の仕事、やっていること、生き様など、いつどこで誰に影響を与えているのか分かりませんね。

私も明日からの診療に、また新たな気持ちをこめたいと思います。
Posted by 桜井明弘 at 2010年04月06日 22:53
初めまして。27歳のOLです。未婚です。最初は月経が突然こなくなって、産婦人科へ一昨年の12月から通い始めました。月経がくるようにはなったのですが、排卵していないと言われ、今は排卵誘発剤を飲んでいます。月2回の通院費もばかになりません。いつまで通院したらよいかわからないのと、排卵したらずっと薬を飲まなくても排卵するのか教えて頂けますか?
Posted by 武田圭子 at 2011年02月25日 14:37
武田圭子さん、こんばんは。

排卵障害の治療法や治療期間など、患者さんが妊娠を希望しているか、という点が重要です。

武田圭子さんが近いうちに妊娠を考えているのであれば、排卵誘発剤により排卵するくせをつける、と考えてください。また排卵誘発剤は排卵するようになれば、徐々に止める方向を検討できます。

ただ、すぐでないのであれば他の方法もありますので、主治医の先生とよく相談してください。
Posted by 桜井明弘 at 2011年03月03日 00:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

不妊症 治療 鍼灸
Excerpt: クロミッド 〜排卵誘発剤〜 ... さまざまな原因による ・ 排卵障害 ・ 無月経 ・ 不妊症 ・ 黄体機能不全 の治療に広く用いられ、すでに40年を過...
Weblog: 不妊症治療・改善で自然妊娠を目指すブログ
Tracked: 2010-03-10 21:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。