2009年05月09日

HPVワクチン承認前の現況 〜第61回日本産科婦人科学会に参加して〜

4月3日から5日、桜咲く京都で第61回日本産科婦人科学会が行われました。
休診など、診療にご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

様々な発表や講演を聴いた中のひとつ、HPVワクチンに関する国際シンポジウムが行われ、世界的なHPVワクチン投与の現況と、現在ワクチンの承認申請を出している日本の現況についての講演があり、大変興味深いものでした。

いくつかトピックス的に羅列すると
・ 国内での承認時期が年内から来年にかけて見込まれていること。
・ 現段階でなお、HPVワクチン接種を公費負担で出来ないか考えられていること、または保険承認されるよう交渉されていること。
 現在の国や自治体の経済状況からは、公費負担は困難であると、われわれの中でも共通した認識でしたが、国内でHPVワクチン承認に奔走されてる先生方が、何とか承認にこぎつけ、また公費負担の可能性を模索されているそうです。さらに厚生労働省だけでなく、公明党や民主党議員にも働きかけており、国民の健康福祉に意識の高い議員からはよい反響があるとのことです。

まだまだ子宮頸がん、HPV感染、HPVワクチンについては、皆さんに知っていただかなければならず、国内のトップリーダーたちが中央に働きかけ、同時に我々も広めていかなければならない、と思っています。


さくらトリートメントブログで「第6回なちゅらるHAPPY LIFE教室 バスボム&ミツロウキャンドル作り」のレポートがあります。

・「ねむの木便り」と「産婦人科クリニック さくら スタッフブログ」に5月12日(火)に行われる「第7回なちゅらるHappy Life 教室 リキッドソープ編」の予告が載っています。まだ定員に達していないようです。さくらのトイレにも手作りリキッドソープを置いていますが、興味のある方はぜひご覧ください。


ラベル:HPVワクチン
posted by 桜井明弘 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 子宮頸がん・HPV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

桴瑰㨯⽷睷⹶慬牡猭灬慧攮湥琯浡砭浵獣汥⵸瑲敭支
Excerpt: Ywl_也樀戀一䁟
Weblog: 桴瑰㨯⽷睷⹶慬牡猭灬慧攮湥琯浡砭浵獣汥⵸瑲敭支
Tracked: 2016-12-05 09:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。