2011年07月17日

カンジダ外陰腟炎にかかりやすい疾患

毎日アクセスの多い、カンジダに関する記事です。外来診療室でも毎日多くの方が訪れます。


カンジダは再発が多い
ことにも触れましたが、今日はカンジダ外陰腟炎にかかりやすい疾患について書きます。
いずれも腟内が常在菌で守られているのを変化させる病態です。

・ 妊娠
・ 抗生物質服用後
・ 糖尿病
・ 免疫力低下

妊娠は病気ではありませんが、妊娠中のカンジダは多く見られます。
抗生物質服用後にも腟内の常在菌が無くなってしまうため、カンジダが増えることがあります。
糖尿病、免疫力を低下させる疾患についても同様で、カンジダを繰り返している方に、試みに血糖値を測ったところ、糖尿病の診断のきっかけとなったこともあります。

多くの方が不快な症状に長い間悩まされている厄介なカンジダ症ですが、罹りやすいきっかけ、原因を探ってみることも必要かもしれません。


posted by 桜井明弘 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。