2008年12月16日

排卵誘発剤、フォリスチムの自己投与が可能になりました。

生殖医療に用いている注射の排卵誘発剤、FSH製剤のフォリスチムの自己投与が可能になりました。

10月10日、新しいペンカートリッジタイプの製剤、フォリスチムペンが発売され、投与する液量が一段と減らせて、また注射器に吸引する手間もなく、より簡便にご使用いただけます。

フォリスチムペンは、
・ペンタイプのカートリッジ
・薬液の入ったカートリッジ
・注射針(29G)
・消毒用アルコール
・注射部位に貼るテープ
をセットにしてお渡しします。

また、投与に先立ち、投与方法を詳しく説明し、パンフレット、DVDをお渡しし、実際にクリニックでご指導します。

この治療により、連日注射のために通院しなければならないことから解放され、通院の手間が省けます。

詳しくは受診の際にお問い合わせください。


・さくらトリートメントの竹本さんの「ねむの木」ブログさくらトリートメントブログで、クリスマスプレゼント、紹介しています。

・さくらスタッフブログの「健康記事Q&A 〜おいしい食材〜」は白菜の紹介です。


posted by 桜井明弘 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 生殖医療(不妊治療)一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桜井先生、こんばんは。
今日はありがとうございました。
質問ですが、注射を打つ時間は決まっているのでしょうか?
自分で決めた時間に毎日打つのでしょうか?
それと、打つ場所ですが、先生の今日のお話ではお腹とおっしゃっていたと思うのですが、
どこでもいいのでしょうか?
先日、お腹に注射を打った時にかゆくなったので、お腹はちょっと不安です。
私としては腕が一番慣れているので腕がいいのですが。。。
Posted by TY at 2009年01月10日 19:59
TYさん、こんばんは。

大切な質問をありがとうございます。
まず、時間ですが、おおよそ同じ時間、と考えてください。厳密に考えなくて結構です。

また自分で投与する場合、お勧めしているのは、おなかや太もも、それとお尻です。腕はご自分で注射するには少しやりにくいかもしれません。太もものほうが、両手が使えていいと思います。
Posted by 桜井明弘 at 2009年01月13日 22:38
桜井先生こんばんは。
17or18日に伺う予定ですが、17は主人が、18は私が都合がつきません。
どうしても自分で打つ勇気がなく、どうしようか迷っています。
質問ですが、針は細いですか?
セトロタイドを打った時は針が細くて痛みはなかったのですが、あれぐらいでしょうか?
Posted by TY at 2009年02月15日 21:49
TYさん、おはようございます。

セトロタイドは、当院では26G(ゲージ)という太さの針を使っています。この26Gは、かなり細いものですが、フォリスチムペンに用いるものは、29G、と更に細いものですので、痛みに関しては、これまでのセトロタイドよりもさらに心配いらないと思います。

来院予定ですが、フォリスチム自己投与は、実際に院内でご指導する際、初回はご主人にやっていただきたいと思います。
一緒にご来院が19日以降であれば、17日、ご本人だけいらしてこちらで注射、18日はお休みして、19日にご一緒にいらしたら如何ですか?
Posted by 桜井明弘 at 2009年02月16日 14:57
桜井先生、お返事ありがとうございます。
明日、主人が仕事を調整してくれたので、一緒に行けることになりました。
セトロタイドよりも針が細いということで安心しました。
ありがとうございました。
Posted by TY at 2009年02月16日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。