2008年12月07日

インフルエンザ流行の兆し

まだ皆さんの周りでインフルエンザ感染は起こっていないと思いますが、山梨県、兵庫県で流行の兆しが見られています。

流行性の感染症は、定期的にデータが取られ、流行の予想、現状が報告されます。

インフルエンザもその対象となっており、11月末に急激に感染報告が増加しています。
まだ感染者数はそれほどではないのですが、増加率が急激で、こういう場合は流行の兆し、と取れます。

感染予防には第一に人ごみの中への外出を控えること(感染の機会を減らす)、外出後は必ず手洗い、うがいをすること(感染したウィルスを洗い流す)です。
年末になり外出の機会が増え、多くの方と接するようになりますが、これらの注意点が何よりです。

また、ワクチン接種も有効です。インフルエンザに対する抵抗力がつくまで、ワクチン接種後2週間かかるとされています。流行の兆候が見られているため、ワクチン接種は早いほうがいいと思われます。


妊娠を考えている方、妊娠をしている方へのインフルエンザワクチン接種の考え方はこちらです。


画像 1575.jpg

クリックすると大きくなります。
世界遺産知床では、増えすぎた蝦夷鹿による被害が大きいです。
蝦夷鹿は餌の少なくなる冬季、樹皮を剥がして食べてしまいます。
樹皮は樹木にとって栄養、水分を通す重要な役割。樹皮を一周剥がされた樹木は立ち枯れてしまいます。知床ではこのような木を多く見かけます。

ねむの木のブログで、さくらスタッフブログと連動した「二日酔い対策」、書かれています。

さくらスタッフブログ、「健康維持Q&A 〜二日酔い〜」、この時期には必見です。


posted by 桜井明弘 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。