2008年11月11日

排卵痛 〜排卵に関するいくつかの誤解〜

コメントでもいただきましたが、排卵痛=排卵があった、排卵日だった、と考えられない場合があります。

排卵痛の程度は、「毎月どちらの卵巣から排卵したか分かる」という方も、「これまで全く感じたこともない」という方まで、実に様々です。どちらも病的ではありません。

また生殖医療で通院し、排卵日が特定されるようになってから初めて、これが排卵痛なんだ、と分かるようになった方もあります。

それではなぜ、排卵痛が起こるのでしょうか。
排卵は卵巣の表面に出来た卵胞が破れて、中にある卵子が飛び出て卵管内に取り込まれる現象です。

卵巣の表面が破けることにより、出血をきたします。この出血量は多いことも少ないこともありますが、卵胞が破れるため痛みを感じる、というと、そうではないのです。卵巣には知覚神経がありません。よって、排卵をしても、採卵の際にも、卵巣が痛みを覚えることがないのです。

排卵痛の痛みの原因は、この卵巣からの出血です。そしてこの出血が腹膜の上に落ちて刺激になることで、腹膜が痛みを感じるのです。腹膜は、「腹膜炎」からイメージされるように、とても痛みに敏感な組織で、わずかな出血でもその刺激により大変痛みの症状が強い、ということが起こりえます。

またこの痛みを感じるタイミングですが、出血を痛みとして感じるので、必ずしも出血と同時、ではなく、排卵が起こって少ししてから痛みが出ることもあります。
またその出血が反対側の卵巣近辺の腹膜を刺激していたいこともありますから、これも必ずしも痛いほうが排卵とも限りません。

以前にも書いたように、内膜症の方では排卵痛が強い傾向にあります。また、不思議といつも同じ場所に痛みを感じる方もあります。まだまだ排卵痛、分かっていないことも、きっとあると思います。


排卵痛に関していただいたコメントを、こちらに移動させていただきました。勝手にすみません。


・補筆修正いたしました。
子宮体がん検診
いただいたコメントから、補筆いたしました。


メディカルモール・たまプラーザのブログ、好評連載中です。
今回の記事では、いよいよ出現したインフルエンザ感染情報を紹介しています。

ねむの木ブログで、アロマテラピー、紹介されています。

さくらスタッフブログ、アクセスが増え、シーサーブログで10000位以内をキープするようになって来ました。
シリーズ化している「健康維持Q&A 〜朝のむくみ〜」、最新記事です。


posted by 桜井明弘 at 23:50| Comment(16) | TrackBack(1) | 産婦人科一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 お久しぶりです。
28日に賛育会のチャリティーコンサートに行ってきました。今日は火曜日だから、もしかして先生も来てらっしゃるかな?と思って探してしまいました。いらっしゃいましたか?このようなチャリティーイベントで、いつもお世話になっている病院のお役に立てればいいなと思いました。
 ところで、排卵について質問なのですが、いつも賛育会でしてもらっている、頸癌の検査を区の無料検診の案内が来たので、今回は違う病院で受けました。結果はまだなのですが、筋腫の発見に繋がった病院で、経緯を知っているので、賛育会では毎月ちゃんと排卵されてるかの検査はしてもらいましたか?と聞かれました。確かそれはしてもらっていなかったと思ったのですが、それでも毎月排卵痛があるため、自分では排卵していると思っていました。ただ、前に桜井先生に排卵痛の次の日に診てもらった時、まだ排卵されていませんと言われたので、ちょっと気になりました。排卵痛があっても、排卵されていないとということはあるのでしょうか?
Posted by 鈴亜 at 2008年11月12日 00:04
鈴亜さん、こんばんは。
書き込みが遅くなりごめんなさい。

チャリティーコンサートはいかがでしたか? 私は先約があり、参加できませんでした。楽しめましたか?

排卵についてのご質問ですが、排卵痛=排卵があった、とはいえないことがあります。と言うのは、毎周期、ぴったりと排卵痛により排卵がわかる方もありますが、全く排卵痛のない方、鈴亜さんのように排卵痛だった、と思っても排卵していない周期もあります。

これは、痛み、と言う感覚が、あいまいなものだからです。さらには排卵が必ず痛みを引き起こすものではないからです。
妊娠を考える方にもひとつの目安にしていいと思いますが、例えば反対に避妊をしたい方が排卵痛がないから安全、と思ったら危険だと思います。

排卵痛についての記事も「排卵に関するいくつかの誤解」シリーズで書き始めています。近いうちにアップします。
(本日、上にアップしましたので、鈴亜さんのコメントとこのコメントをこちらに移動させていただきました)
Posted by 桜井明弘 at 2008年11月12日 00:06
排卵について記事にまでして説明して頂いてありがとうございます。私は毎月排卵期になると左右の卵巣のどちらかに痛みがあります。が、排卵の痛みではないのかもしれないのですね…
 高校の生物の時間に排卵の様子をビデオで見たことがあります。ものすごく真っ赤に腫れたような状態になっていたので「こりゃ痛いはずだわ…」と思ったのですが、出血が痛みの原因なのですか。
 チャリティーコンサートはとても良かったですよ!定期的にあってもいいのにと思ったくらいです。今日は先月の子宮頸癌検診の結果を聞いてきました。クラス2でした。また半年後です。。。
Posted by 鈴亜 at 2008年11月15日 00:05
鈴亜さん、いつもコメントありがとうございます。いただくコメントにお答えしながら、記事のネタが思い浮かぶことが多いです。ぜひ、ネタの提供、と思ってなんでも書いてくださいね。これからもよろしくお願いします。
Posted by 桜井明弘 at 2008年11月16日 00:37
桜井先生、先日は診察していただき、ありがとうございました。実は、受診当日の夕方に運転中に、強い左下腹部痛があり、スーパーの駐車場で動けなくなってしまいました。術後、痛みに関してはほとんど回復していましたし、最近は強い痛みとは無縁だったので、さすがに心配になりました。痛みの感覚としては、術後間もない頃に、咳をして腹圧がかかった時のような外科的な痛みに近いです。お腹の左側を触ると痛みがあり、歩くと痛いです。翌日まで引きずり、仕事に支障が出るので鎮痛剤を内服しました。原因として、考えられるのは排卵痛?と思いましたが、今回は、排卵は右側でしたし、排卵痛らしき右下腹部痛もすこし前からあったので、今回の強い左下腹部痛には不安になりました。鎮痛剤が効果があるので、しばらくは様子をみるという感じで大丈夫でしょうか。
Posted by R.T at 2009年06月19日 00:35
桜井先生こんにちは。先日書き込みをした、左下腹部痛は、時々シクシク痛む事はありますが、足を引きずって歩くような強い痛みはなくなりました。痛みが強い時は、左下腹部に触ると腫れて大きく硬い物に触れていたのですが、今では、左下腹部はやわらかく、元に戻った感じです。手術前は排卵痛といえば必ず右側で、すくなくとも、鎮痛剤が必要になるほどの痛みの経験はありません。今回は手術後1ヶ月目のはじめての排卵で、しかも左下腹部は、手術直後にいちばん痛みが強かった場所ですので、こういう事がおきたのではと自分では考えています。右側も、6月に入ってから、チクチクとたまに排卵痛らしきものがあり、整体に行った時に話をしたら、右下腹部が硬くなっていると言われ、右下腹部の張りは治してもらいました。排卵だから下腹部が硬くなるのか手術後だからなのか、そのあたりはよくわかりません。
Posted by R.T at 2009年06月21日 11:47
R.Tさん、こんにちは。
書き込みが遅くなりすみません。

その後痛みはいかがですか?
今回の痛み、排卵痛であったのか、術後の痛みであったのかは分かりませんが、その後軽快していることを願っています。

あまり痛みが繰り返されるようであったら、一度受診されることをお勧めします(遠くてすぐに来院できない場合は、お近くの先生に診ていただいてもいいと思います)。変わったことがあったらまた連絡してください。
Posted by 桜井明弘 at 2009年06月23日 15:32
桜井先生こんばんは。今日、術後初めての月経が再開してしまいました。先日6月17日に受診した時点で排卵期でしたので、自分で予想していた月経予定日よりすこし遅く、妊娠を期待していたのですが残念でした。排卵期付近におきた強い痛みは、以降はおきず、たまに小さな痛みはあるものの、大丈夫でした。月経痛もそれほどではありません。先日の強い腹痛は、やはり排卵が原因かも…と今は考えています。
Posted by R.T at 2009年07月04日 23:24
R.Tさん、こんばんは。月経再開、残念でした。でも、まだ始まったばかり、これから必ずいいお知らせがあるはずですから、めげずに頑張りましょう。
Posted by 桜井明弘 at 2009年07月05日 22:52
桜井先生、こんばんは。

手術後最初の月経が7月4日に来てから体調を崩したせいか、二回目は7月30日と早めに月経が来ました。

今回は排卵痛が全くなく、今までそのような経験がなかったので、とまどい、排卵期のタイミングを逃してしまいました。

最近少しさぼりがちであった整体に行った時にこの話をしたところ、背骨や骨盤の状態を見る限りは、まだ良い状態とは言えないと言われてしまいました。翌日月経が来ました。重かったですが、月経血に塊などはなく、色も綺麗でした。

今月内膜症の検診予定ですが、せっかくなら排卵する前のタイミング、と考えています。先月、月経周期が早かったため、月経開始から12日目の受診を予定していますが早いでしょうか?13日目は休診日にあたります。
Posted by R.T at 2009年08月03日 23:23
R.Tさん、こんばんは。
排卵日が早くなっている可能性もありますから、12日目、でいいと思います。
基礎体温はつけてらっしゃらなかったでしょうか。月経、排卵の状態を詳しく知るために、あるといいですね。

毎日でなくてもいいので、つけたらいかがでしょうか。来院の際に持ってきていただけたら、と思います。
Posted by 桜井明弘 at 2009年08月04日 22:11
桜井先生、申し訳ありません。基礎体温に関しては、少しアレルギーになっているところがあり、今は測っていませんでした。

過去、1人目の時に、排卵期だと思ったのに体温がなかなか上昇しなかったり、高温期が続いて欲しいのに下がってくると、落ち込んだり…体温に振り回される生活に疲れて、やめてしまった事があります。1人目の妊娠と、去年の妊娠反応(化学的流産)は、いずれも頚管粘液の状態と排卵検査薬でタイミングをとっていました。頚管粘液が早い時期からしっかり増え、LHサージが確認出来るときのタイミングが、私は妊娠しやすいようです。先月は頚管粘液があまり増えてきませんでしたし、排卵検査薬を使う時期も遅かったので、陰性のままでした。

やはり、基礎体温を図らないと、排卵したかどうかもわからない状況ですし、先生に言われたとうり、今後は基礎体温をつけるようにします。

一点気になるのは、1人目の頃より朝の体温が低くなっている事です。
Posted by R.T at 2009年08月04日 23:40
桜井先生、こんばんは。

久々の強い左側排卵痛(おそらく)に少し戸惑っています。昨年5月に手術してから排卵はいつも右側。排卵誘発剤を使っても左側の卵胞は発育せず、右側ばかり確認できていました。排卵痛も右側が多いです。

今回、本当に久々に左側の強い下腹部痛がおきています。排卵誘発剤も反応せず、一年近く沈黙の左卵巣が、薬も無しで排卵するなんてありえるのでしょうか?

受診してエコーで確認すれば、はっきりする事ですが、不妊治療休止中に、行くのも…と思いますし、かといって、いつもと違う痛みをほっぽっておいて良いものか迷っています。
Posted by R.T at 2010年04月27日 22:23
R.Tさん、こんばんは。基礎体温を測ることによるストレス、理解できますが、R.Tさんも書かれているように、色々なことを後から検証できるので、是非負担にならない程度に付けてください。

排卵痛?? の件ですが、ご心配でしたら、一度診察をしましょう。お時間取れるときに是非いらしてください。
Posted by 桜井明弘 at 2010年05月05日 02:06
桜井先生、コメントありがとうございます。

さくらには、今月受診予定です。よろしくお願いいたします。

基礎体温は、すみません、不妊治療休止を理由に、さぼっておりました。明日から再開したいと思います。
基礎体温で思い出したので余談です。最近、赤ちゃんが欲しいと言う知人が基礎体温を測り始めたのですが、よくよく聞いてみると、なんと脇の下で測っていたとの事。しかも朝、動き回った後だったみたいです。(一応、医療従事者です)

私にとっては、衝撃的でしたが(>_<)意外に、基礎体温の測定って、自己流バラバラなのかもしれないと思ってしまった出来事でした。
Posted by R.T at 2010年05月05日 16:32
R.Tさん、基礎体温の測り方ですが、自己流というよりは、誤った方もいる、ということでしょうね。

以前に書いた基礎体温の記事にも、確かに測り方を書きませんでした。早速修正しようと思います。
Posted by 桜井明弘 at 2010年05月15日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「毎月右左、交代で排卵しますよね?」 ~排卵に関するいくつかの誤解~
Excerpt: 「排卵は左右の卵巣から交互に起こる」 「今月右だったから、来月は左だな」 「先月、左の排卵痛だったのに、今月も左に排卵痛、私の右の卵巣はどうなっちゃたの?」 「私は右の卵巣を失い左の卵巣しかないので、..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら
Tracked: 2009-03-05 01:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。