2008年09月10日

無排卵(卵胞発育不全)

排卵障害の中で、最も重症型になります。

卵胞自体が発育しないため、無月経、あるいは不正出血を繰り返します。
もちろんこのままでは妊娠することができません。

原因疾患を挙げるときりが無いほどで、これらの原因疾患は後日掲げますが、特別な原因が分からないことも多いです。

主な検査は基礎体温、ホルモン検査、超音波検査で、これに内科的な原因を探る血液検査が追加されることもあります。

治療法もまた後日書きますが、排卵誘発剤(内服、注射)やホルモン療法(カウフマン療法、ホルムストローム療法、ピンカス療法)、また内科疾患が基礎にある場合は、その治療も必要となります。


10月のお知らせ
10月23,24日の両日、午後休診であることがわかりにくかったため、修正しました。


さくらトリートメントの竹本さんのブログ「ねむの木便り 〜新宿御苑より愛をこめて〜」に昨日行われた「第3回 なちゅらるHappy Life教室」の模様が載っています。参加された方、したかった方、できなかった方、次回考えている方、皆さんにぜひお読みいただきたいと思います。

・ちょっと予告
メディカルモール・たまプラーザからもブログが発信される!?
乞うご期待です。
(10/2のブログでお伝えしたように、執筆開始しています。どうぞご覧ください)


posted by 桜井明弘 at 23:56| Comment(8) | TrackBack(0) | 卵巣機能不全・排卵障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生、ご無沙汰しております。
毎日涼しく感じる時もあり、大分過ごしやすくなりましたね。

先生、私はまたまた不妊で病院に通うことになりました。二人目が欲しいのですが、なかなかできず、病院を訪ねました。血液検査もして、中の様子も見てもらったんですが「悪くはないけれど排卵しにくい子宮です」と言われ、以前飲んでいたクロミッドを一錠を五日分処方されました。造影剤を入れて中もチェックしてみましょうと言われたのです、突然の事に戸惑い、ゆっくりと経過観察をしてほしいことを伝えました。薬も二錠と最初は言われたのですが・・これも変更してもらいました。
先生とは長い診療の中で信頼関係ができ、すべてをお任せ出来ていたのですが、新しい先生ということもあり、私はすごく構えてしまいました。
お医者様側からしてみれば、医療の提供がちゃんとできなくなるちょっと困った患者なのかもしれないと帰ってから考えてしまいました。

今月の2日にかなり遅れて生理が来てからまだちょっとしかたっていないのに22日から生理?がきてしまいました。いつものような生理痛もないんです。量は普通です。
これは・・不正出血なのでしょうか?薬は飲まない方がいいのでしょうか。
先生、アドバイスお願いします。
Posted by ふじこ at 2008年09月24日 22:42
ふじこさん、お久しぶりです。

昼は爽やかに晴れ、夜になると冷え込みすっかり秋めいてきましたね。

さて、お二人目ご希望とのことですが、ふじこさんはお一人目の経験があるため、基本的には同じ方法で妊娠に望まれたらいいと思います。クロミッドの量もふじこさんの考え方でいいと思いますし、造影剤の検査(子宮卵管造影)もゆっくり考えていいと思います。

今回の出血ですが、タイミングからも生理痛からも、不正出血と考えられれます。これを月経としてクロミッドを飲み始めない方がいいと思いますので、一度受診した上で内服開始について相談してください。

またすぐに授かるといいですね。
Posted by 桜井明弘 at 2008年09月25日 17:15
先生、こんばんは。
今日病院へ行ってきました。
「生理だと思います」と言われたので、薬を今日から五日間飲み始めました。
左の卵巣が腫れているようで、薬が有効的に効いているか確かめるために来月、3日か4日のどちらかに一度診てもらうことになりました。
先生がまた変わってしまいましたが、お医者様であることには変わりはないのでなんとか頑張っていこうと思っています。

また何かをお聞きするかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

・・診察が終わって台が下がった時に娘が口をあんぐり開けてこちらを見ていた顔を私は一生忘れません・・本当に、すごい表情でした。
Posted by ふじこ at 2008年09月26日 22:33
ふじこさん、受診されたんですね。診てもらってからのほうが安心です。また受診結果など教えてくださいね。
Posted by 桜井明弘 at 2008年09月28日 15:13
先生、こんにちは。
今日受診してきました。
前回受診したときの診断は、「クロミッドを飲んで左の卵巣の腫れもなくなり、右の卵巣が反応していてもうすぐ排卵する」との診断でした。なので翌日タイミングをとりました。診断後ということもあり、私はすごく期待していたのですが・・受精はしておらず、今日診てもらったところ「右に排卵せずずっと残っています、あと、おりものがカビのようなものになっているので薬を出します」と言われました。膣の中を洗浄してもらいました。
今回処方された薬はプラノバールを寝る前に1錠を2週間分、オキナゾール膣錠600ミリグラムを1錠を今晩挿入です。
なかなか簡単には妊娠できないんだなと痛感しました。
次回は2週間飲んだ後、2、3日したら月経がくるということで、月経中5日目になる前に病院へいくことになっています。

正直、診察はすごく緊張するので待ち時間よりもすごく疲れるます。どんな事を言われるのかとドキドキしますし。
でも・・頑張ります!!!

ところで先生、先生だったら次回診察していい状態だったらクロミッドを2錠処方しますか?私は次回行った時に2錠にしてほしい事を伝えようかなぁと思っているのです。
それから、私はなぜカビてしまったのですか????


Posted by ふじこ at 2008年10月17日 17:29
ふじこさんこんばんは。

クロミッドの後、卵巣が腫れた状態、とありますが、うまく排卵できなかったLUFの状態(以下参照してください)と遺残卵胞が考えられます。
http://cl-sacra.seesaa.net/article/104861621.html

LUFは排卵障害のひとつですが、遺残卵胞は排卵は起こったものの、排卵のときに未成熟だった卵胞が、うまく排卵せずに残った状態です。クロミッドなど排卵誘発剤で起こりえます。
後者は病的なものではありませんが、次の周期にも残っていた場合、排卵誘発剤を使わないほうがいいと思います。そのためクロミッドを内服する予定の、5日目までに受診して再度超音波を診てもらうようになったんだと思います。

クロミッド2錠については、担当医とよく相談してください。1錠よりも2錠のほうが排卵誘発効果は高いですが、遺残卵胞の発生も可能性が高くなります。LUFであったのなら、2錠にして効果を強くするか、排卵の際にhCGの注射で排卵させるほうがいいと思います。
いずれにしても今回のことの原因をよく聞いて判断してください。

カビについてですが、これは女性の場合よく見られるカンジダです。通常オキナゾールの治療、1回で終了です。繰り返すことも多いですが、カンジダ自体が人体の常在菌のため、ある程度仕方の無いことです。再発したらすぐに治療をすることです。

これらについても今後こちらで取り上げたいと思います。
Posted by 桜井明弘 at 2008年10月19日 23:15
先生、こんにちは。
すぐにお返事できず、すみませんでした。
毎晩、今後どうなるのだろうか・・注射やだよ〜・・とこんなバカな事を考えてよく眠れない日々を過ごしていました。情けないです。

内服を開始してからのその後ですが、体温は飲んだ翌日からグッと上がり毎日36.7〜8になっています。

大変お恥ずかしいお話ですが、膣剤ですが挿入した三日目のお昼ごろ、排便で力んだら出てきちゃったんです!!思わずトイレで悲鳴を上げてしまいました!!!もちろんそのまま流しました。
もうすぐまた病院へ行くのでその時に伝えようと思っています。
Posted by ふじこ at 2008年10月23日 16:38
ふじこさん、こんにちは。

必要であれば注射も仕方ない、でしょうが、やはりいやですね。がんばってください。

お薬ですが、出てしまっても、3日間で充分効いていることもあります。次回の診察でよく診てもらってください。
Posted by 桜井明弘 at 2008年10月23日 17:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。