2008年09月02日

MRI 〜子宮内膜症の検査〜

子宮や卵巣、婦人科疾患の診断に有用なのが、MRIです。超音波検査が外来でいつでもできる診断法であるのに対して、MRIは精密検査的な意味合いを持ちます。

内膜症に限らず、超音波での診断が正しいのか、悪性の所見はないか、他に病変がないか、子宮筋腫や卵巣のう腫の位置はどこか、という視点で、MRIで撮られた画像を読影します。

MRIは磁気を使って行う検査で、CTに似ていますが、その診断性能は、婦人科領域ではCTをはるかにしのぐことが多いです。強力な磁場を発生させるため、体内にペースメーカーや磁石に反応するコイルを埋め込んでいる方は行えません。

当院では近くの「いとう横浜クリニック」にお願いしてMRIを撮っていただいています。
いとう横浜クリニックでは、MRIだけでなく、当院で行っている女性健康外来の乳がん検診もお願いしています。

さてMRIで最も多く診断するのが卵巣チョコレートのう胞。チョコレートのう胞は卵巣内に血液が貯留したのう胞ですが、超音波では内容物が脂肪成分である皮様のう腫と見分けがつかないことがあります。MRIではこのような内容物の違いを表すのが優れています。
また子宮腺筋症の中でも子宮筋腫のように腫瘤状の病変を作っている場合があり、このときにもMRIが鑑別に有用です。

重症子宮内膜症では子宮の後ろ、直腸との間に形成されるダグラス窩閉鎖がしばしばみられ、生理痛、排便痛、性交痛の原因となり、QOLを低下させる重要な病変ですが、内診、超音波で診断ができないことがあります。MRIでは直腸が子宮後面に引きつるような形に描出され、患者さんが見ても非常に分かりやすい画像が得られます。
posted by 桜井明弘 at 00:30| Comment(40) | TrackBack(0) | 子宮内膜症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントさせて頂きます。毎回興味深く拝見しています。私は佐藤雄一先生の高崎アートクリニックに通院しています。長野県に住んでいますが地元の病院で子宮内膜症の腹腔鏡手術を受けた時に重症でダグラス窩閉塞と卵巣嚢腫と言われ卵管は完全につまっていますと言われて佐藤病院を紹介されました。そこの病院でも体外受精は行っているとのことでしたが、冷凍保存が出来ないので限界があると言われてしまいました。雄一先生のところで三回体外受精をしてもらいましたが、受精はするものの分割が上手くいかず、一度も子宮に戻せていない状況です。主人に異常はありません。成長が止まってしまう原因は分からないとのことです。四回目を進められていますが、何となく踏み切れない感じです。手術を受けてもうすぐ二年になります。現在33歳です。重症だったので、手術前に楽になるだろうと言われた生理痛は改善されないでしょうと言われて鎮痛剤が手離せないです。最近は再発してるかも?と思うような痛みもあります。癒着防止のシートがお腹に入っているそうですが効果はどうなんでしょうか?
Posted by すみりん at 2008年09月04日 00:05
すみりんさん、はじめまして。
子宮内膜症の術後癒着についての書き込みでしたので、関連記事「子宮内膜症と疼痛」にすみりんさんのコメントを勝手ながら転記し、私のコメントも載せました。どうぞご覧ください。
Posted by 桜井明弘 at 2008年09月04日 00:35
女カワウソさん、こんばんは。
いただいたコメント、こちらに移させていただきました。

ディナゲストの出血に対する止血剤ですが、先にあげた論文ではほとんど効果がない、とされていました。
非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)、ロキソニンもこれに含まれますが、おっしゃるとおりPG合成を抑制するため、出血量減少効果がある、とされていますが、速効性はありません。徐々に効いてくると思います。
Posted by 桜井明弘 at 2008年11月21日 21:47
先生有難うございます。止血剤は効果ないですか・・・。

山は過ぎたようで、体のだるさやきつさは随分楽にはなりましたが、出血は鮮血でシャーシャーでます。どこからこんなに?とちょっと思ってしまいます

いつもはもうとっくにエンジになり止まっているのですが、貧血検査をついでにしてきましたので確認できます。

ロキソは徐々になんですね・・・飲まなければ効かないですよね

これでは結局トータルで通常の生理と同量くらいになるので、来週また病院ですがそれまでなんとか止まって欲しいです。

不安はつきないですね

めっきり寒くなってきましたので先生もどうかご自愛下さい

いつも有難うございます。
Posted by 女カワウソ at 2008年11月22日 11:15
こんばんは。やはり寒いですね。手術を主治医に依頼してきました。

ディナ出血はやっと水曜日辺りから鎮火し今どっと疲れがでています。「そんな状態なら普通はディナ止めるんだけどね」と言われましたが、鎮火したというのと、ここで中止したら恐ろしい生理がくるのが解っているので止められませんと告げ、またディナ更新してきました。

ひつこく腹腔鏡では?と聞きましたが「一度開腹しているし、癒着が読めないからやはり開腹だよ」と前カルテを見ながらあっさり言われました。

日取りはまだですので色々の時間はありますが、正常な右のみを残したとしてもなにかのはずみで(術中で数時間空気に触れたり、機具に接触や)機能しなくなる事もあるので確立は低いとしてもどうせ手術するならば両卵巣とも取ってしまう=卵巣がん&乳がんに罹る心配がない。でも・・・

色々よく考えようと思います。

今回のディナ出血が次回又きたらと、止血剤を2種出されました。エストロに関しては却下でした。(腺筋〜だからなのか?深く聞けずでした)

「組織検査したら捨てるよ」と、自分の一部でずっと一緒にいたので子宮の一部を貰えないか?と主治医に聞いたのですが、ダメだといわれました。「少〜〜しでも?」とひつこく聞きましたが無言でうなずいていました。

でも矛盾していますが、捨てられるのが可哀想なので一部でも欲しいです。やはり先生でも許可できませんか??胆石などは持っている人多いですよね。

生ものだから感染とかで無理なんでしょうか?

単純にいつも考えていたのですが、内膜症や腺筋症の疼痛は表現するならばガンの痛みに似ていませか??
Posted by 女カワウソ at 2008年11月28日 00:00
女カワウソさんこんにちは。
組織の一部を欲しいという気持ちも分かる気がします。つらい症状と闘った証、ましてや自分の身体の一部であったからですね。通常組織検査が終わった後も、施設によりますが何年間かはその摘出した臓器は保存されています。しかし胆石と異なり臓器の保存はホルマリンなどを用いるため、管理が難しいかもしれません。気持ちは分かりますが私も数千人の手術を行ってきましたが、内膜症の組織を欲しい、とおっしゃった方はいませんでした。

内膜症の痛みはきっとその方にしか分からないつらさだと思います。がん性疼痛も同様だと思います。
痛みは個人差が大きく、また痛みの感受性も個人差が大きいため、一概に比較できませんが、同様の鎮痛剤を使う場合もあるので、もしかしたらそうなのかもしれませんね。
Posted by 桜井明弘 at 2008年11月30日 11:18
先生いつもいつも有難うございます。

武内先生が亡くなってしまわれたのですね。たいへん残念です。

先生のお気持ちお察し致しますそしてご冥福お祈り致します。

武内Drはまだお若かったのですね・・・私の主治医も激務の毎日でここ半年くらい、急激に老けてきていてちょっと心配になっていました。
大学内は常に「白い巨塔」状態なので無理もないのですが、いつも冷たく無表情のアイスマンDr故に気になっています。

さて、やはり組織は貰えそうもないようですね。当然ホルマリン漬けですものね。
分身ですので、触ったり写真に撮ったり、この目で見て焼き付けておきたいです。

でもなんとか考えてDrに頼んでみます。

やはりディナでの出血後は鎮火し今ではオリモノさえ無いに等しく快適です。(また胃腸の不調がくるだろうですので怖いですが)結局今迄のを見てみると、周期は長いですが体の変化内容は生理と同じ状態のようです。

腺筋症の私だからこのような状態なのか?と思いましたら、チョコ&内膜症のみの人でも似たような周期を繰り返しているので、やはり余りに長い出血で気持ちがやられてしまい何の為の治療なのか解らなくなっていると言っています。

ディナがばっちり効く方もいれば、私の大学病院は専門でありかなり内膜症患者数も多いはずなのですが、大学病院最寄の薬局では私以外は余りディナを飲んでいる患者がいないと聞きました。(薬局はまだ数件近くにありますが)ある意味勝手に成程な〜っと思う節もありました。

オカシナ話しですが、内膜症と共に20年近く生きてきたせいで生活の中心となっていました。キカン坊の子供をあやしながら20年育ててきたようなものです。
共存を強いられてきたのは辛い経験でした、家族や会社にも迷惑をかけてきましたし・・・・・
しかし手術したあとは当然解放され自由になります。それがモクテキなのですから・・・・半ば共依存症のように暮らしてきたので矛盾していますが、今迄の自分の半分が居なくなる訳で、心身の解放と共に不安定になるのでは?という思いが出ています。

だからきっと子宮の一部を手元に残しておきたいのだと思います。

未だ取っても無いのに、こんな想像をしています。
Posted by 女カワウソ at 2008年12月01日 22:51
先生こんにちは。連日寒くて冬を感じますね。

皮肉な事にあれから急にですが、ディナで一番快適な時間を今過ごしているようです。びっくりしています。
1滴の出血もなく胃腸も快調、たま-に直腸がズキっとしますが、あとは問題なしです。おかしなものです・・・長続きしなくとも今出来る事を片っ端からやっています。

昨日は以前から行きたかった相模原グリーンプールに行ってきました。先生のクリニックのあるたまプラーザを通過し、ちょっと遠かったです。
泳ぎが好きなので定期的に行っていますが、手術前に5m水深プールにどうしても潜りたくて、やっと念願叶いました。

鼓膜が結構痛かったですが、潜水が大好きなので楽しいかったです。水は浄化してくれます。

今日は体の話しではなくどうかと思いましたが、先生のクリニックを思い電車に乗ったので書き込んでしまいました。

また体調が崩れるでしょうがなんとか手術まではおとなしくしていて欲しいです。

先生も体調には十分気をつけてください

いつもありがとうございます
Posted by 女カワウソ at 2008年12月07日 11:27
女カワウソさん、こんばんは。
体調のよい日々が続いているとのこと、よかったですね。

私も今日、平塚で産婦人科の学会があり、相模原を通過し、行って来たところです。

いつもお気遣いいただきありがとうございます。女カワウソさんの現在の状況が一日でも長く続くよう、お祈りしています。
Posted by 桜井明弘 at 2008年12月07日 23:56
海外在住の35歳女性です。本来であればすぐにでも診察をお願いしたいのですが残念ながら一時帰国の予定が無く、この場をお借りして是非先生のアドバイスを伺えたらと、思いコメントさせて頂きます。もしHPの趣旨に反しておりましたらお手数でございますが、削除をお願い致します。
半年ほど前に生理と生理の間に2週間ほど継続して不正出血が2ヶ月にわたりありました。普段から生理痛(下腹部鈍痛と重い腰痛)はひどい方なのですが、その際の不正出血の時にもかなりの生理痛がありました。
婦人科を訪れ骨盤エコーを受けたところ、子宮内ポリー プや繊維(?)の塊がある様だと言われ、続いて経膣エコー検査をしましたが、今度は何の異常も認められませんでした。
先月再度生理と生理の間に2週間の不正出血があり、それと同時に立っていられないほどの鋭い腰痛がありました。その際再度経膣エコーを行いましたが異常はないと言われました。(血液検査も受けましたが、全て基準値でした。) 現在不正出血は止まっていますが、鋭い腰痛は未だに続いています。特に立ちっぱなしの状態が数十分程続くと腰の低い位置全体が動かせないほどの激しい痛みに襲われます。(ホームドクターはただの冷えから来る筋肉痛だと言い張っており、痛み止めを処方されていますが、一向によくなりません。) 数日前に腹部エコー検査も受けましたが、どこも異常はないとの事でした。

実は7年ほど前に子宮内膜増殖症と診断されたのですが、個人的な事情により治療を継続する事が出来なかった事があります。
今回の不正出血と腰の痛みの原因がどこから来るのかはっきりせず、もし子宮内膜増殖症の治療を中止してしまった事により子宮体癌になっていたら…そう思うとかなり不安です。
さらに海外の日本と違う医療システムにどう対処してゆけばよいのかわからないでいます。
(ちなみに子宮体癌(細胞診)検査は予約が取れない状態です。子宮頸癌検査(細胞診)は明日ですが、結果は通常半年〜一年待ちです。)
明後日に骨盤MRIを撮る予定ですが、径膣エコー、腹部エコーで全く何も異常が見つからなかったのにMRIで見つかる事があるのでしょうか。また症状からどういった病気が考えられるでしょうか。
長文失礼致しました。ご助言頂けましたら幸いです。
Posted by さゆり at 2009年01月28日 03:15
さゆりさん、はじめまして。
生理痛、腰痛と言った症状からは子宮内膜症も考えられるかも知れません。もちろん増殖症の悪化も除外しなければなりませんね。

通常エコーでみられる病変をMRIで確認、といった手順で検査は勧められますが、エコーでみにくい病変、小さい病変がMRIではじめて分かることもあります。

上記の疾患についてもMRIはいいと思います。

また結果などで分からないことがありましたら、遠慮なく書き込んでください。
Posted by 桜井明弘 at 2009年01月29日 10:08
先生、お返事ありがとうございます。
これからMRI検査に行ってまいります。
今後ともよろしくお願い致します。
Posted by さゆり at 2009年01月29日 17:46
こんにちわ。

下腹部が痛み憂鬱な日々をすごしています。

年齢は40歳
二回出産しております。

今夜も痛みで目が覚めこのサイトにたどり着きました。


生理は4月1日に始まり、いつもは終わっている7日目に固まりとともに大量出血。
そのままだらだらと出て次の生理も始まり、すでに1ヶ月以上ナプキンを使用しています。
二カ所婦人科で検診していただきましたが
原因は確定されず今に至っています。

MRIでも異常なしとの診断でした。

現在の症状は
下腹部の痛み(ロキソニン服用で痛みはおさまりますがきれると痛みます。)
痛むと出血します。
排尿時痛みがあるときがあります。
血尿ではなく出血があります。
下腹部から肛門あたりまで鈍痛がします。
このまま痛み止めを飲み続けるしかないのでしょうか?
Posted by ハムリンズ at 2009年06月11日 04:10
始めまして。
私は21歳の時に子宮内幕症と診断され、今は26歳です。
高校生の頃から生理痛が酷く、何度も病院に足を運びました。
どこの病院に行っても、月経困難症と言われ、妊娠し出産したら、生理痛もよくなると言われました。
18歳の時は、ホルモン剤の注射を1年間、生理予定日一週間前に打ちに通いました。
ある病院では、漢方薬を勧められ、これも1年半くらい飲みました。
最終的によくならず、今、通院している病院で子宮内幕症と診断されました。
ドオルトンと言うピルも飲みました。
幸い、私は、ピルを服用する前に出産しましたが、出産後も激痛の日々でピルを服用していました。
今は妊娠希望のため、薬は鎮痛剤のみです。
生理痛の痛みに加え、排尿痛、排便痛、性交痛、排卵痛全てあり、生理以外の時も鎮痛剤を服用しています。
鎮痛剤はボルタレンSRカプセルを服用していますが、分2でしか飲めないのに、それ以上服用しないと痛みが取れません。
鎮痛剤の飲みすぎで胃痛もひどく、毎回辛いです。
最終的には、子宮全摘出を現在は勧められています。
今は、痛みを取り合えず軽くしたいのですが、こんな私にも何かよい治療法はありますか??
長々とすみません。
先生、よろしくお願いします。
Posted by ちー at 2009年06月12日 23:50
ハムリンズさん、こんにちは。

原因不明で出血、痛みともにずいぶん長引いていますね。痛みにはロキソニンが効いているようですが、根本的に治るわけではないですよね。

早く原因がわかるといいと思うのですが。
Posted by 桜井明弘 at 2009年06月16日 14:52
ちーさん、こんにちは。大変な症状ですね。特に妊娠を希望している期間は、基本的に鎮痛剤しかないのが現状です。

もしも、少し妊娠することを待てるのであれば、可能であれば手術や偽閉経療法、といった選択肢もあると思います。是非担当の先生にご相談ください。
Posted by 桜井明弘 at 2009年06月16日 14:55
はじめまして。
こにこにといいます。

私は子宮内膜症でかれこれ五年程通院しています。

二回目のキュア治療をしています。
副作用の点から
もう薬はつかいたくありません。
一度目はなってる最中にいき
MRI検査もしましたが
今回
血液検査と五センチほどの大きさというだけで
再びキュアを使うことになりました。

その当時は納得でしたが
よく調べるうちに
キュアは副作用が多いとのことで辞めたいと思うようになりました。
現在27です。
未婚ですが
三年以内には妊娠したいと思っています。

低用量ビルもあると思いますが、どちらがいいのでしょうか。

再燃の際には
生理痛もなく
量も普通でした。
キュア治療の途中なので
半年は終わらせたほうがいいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。
Posted by こにこに at 2009年06月16日 20:15
桜井先生、お忙しい中お返事ありがとうございました。

偽閉経療法は、私がまだ若いので、副作用が強すぎるから、担当医はおすすめ出来ないと言われています。

もう子供も3歳を過ぎ、不妊の可能性もあるので、卵管造影検査をすすめられました。

でも、生理周期も今ではバラバラで困っています。

またピルの服用を考えていますが、やはりピルでは痛みは軽減しないでしょうか??

妊娠も希望していますが、今は治療を優先したいと思っています。

偽閉経療法の副作用は、そんなに酷いものなのですか??

毎月不安です。
Posted by ちー at 2009年06月16日 21:00
こにこにさん、はじめまして。

「キュア治療」とは、スプレキュアやブセレキュアなどを用いる、偽閉経療法を指しますか? それとも他の方法ですか?
Posted by 桜井明弘 at 2009年06月17日 23:27
ちーさん、こんばんは。

今は治療を優先とのこと、卵管検査はやっておいてもいいかもしれませんね。

偽閉経療法に対する過度の不安感はどの方もあるようですが、私は年齢は関係ないと思っています。また副作用、ひどく現れる方もあるでしょう、ただ誤解していただきたくないのは、ひどくない方のほうがよほど多い、ということです。

そして、別記事にもしましたが、副作用軽減のために工夫をしていくことだと思っています。
http://cl-sacra.seesaa.net/article/90653128.html
Posted by 桜井明弘 at 2009年06月17日 23:41
回答ありがとうございます(*^-^*)

スプレキュアのことで
生理をとめて
閉経状態にしていますm(_ _)m
Posted by こにこに at 2009年06月18日 10:54
先日はお返事ありがとうございました。
お礼がおそくなり申し訳ありませんでした。

3件目で子宮頸癌と診断され
今月末に手術をすることになりました。

がんばってきます。
Posted by ハムリンズ at 2009年07月14日 23:41
ハムリンズさん、驚きました。

詳しいことは分かりませんが、また何かあったら遠慮なくご質問くださいね。

手術の成功と病気の克服をお祈りしています。
Posted by 桜井明弘 at 2009年07月14日 23:57
桜井先生おはようございます。
8月8日の日に、クリニックの方にメールをした星です。
昨日から生理になり、また痛みと戦っています。
昨日も今日も、朝方4時くらいから、痛みで目が覚め、ほとんど寝れない状況です。
強い鎮痛剤の服用のため、胃も激痛です。
座薬も上手く使用しているのですが、座薬は5時間程度しかもちません。
お忙しい中すみませんが、8月8日の分のお返事も一緒にいただければ幸いです。
もう不安で仕方ありません。
どうすれば良いのかも分かりません。
先生よろしくお願いします。
Posted by 星 at 2009年08月18日 08:29
星さん、こんばんは。
メールの件、大変失礼しました。チェックミスかもしれません。明日確認次第返信いたしますね。

このコメントは返信後削除させていただきます。
Posted by 桜井明弘 at 2009年08月18日 22:19
先生、こんばんわ。

生理も後半になり、だいぶ痛さも軽減しました。

まだ左右の卵巣付近が、たまにズキズキ痛みますが…。

お腹の張りも楽になってきています。

ちとゃんとメールはクリニックに届いていましたか??
もし、届いていなければ、またメールしようと思い、ここに書き込ませていただきました。

お返事は先生のご都合のいい時で構いません。

どうぞよろしくお願い致します。
Posted by 星 at 2009年08月21日 23:39
桜井先生、こんばんわ。

忙しい中、お返事ありがとうございました。

私は、もう一度、桜井先生の所へ行こうと思っております。

私の担当医師は、経過観察で、治療の必要はないと言われ、3ヶ月後にまた来てねとしか言われていません。

そうすると次の受診は、11月です。

この痛みを軽減したくて、どうしようもなくて、受診しているのに、経過観察でも正直辛いです。

生理が終わってからも、両卵巣付近の痛み、足のつけね付近まで痛みがあります。また、腰の痛みもあります。

妊娠も希望している事も伝えてあるのですが、卵菅造影の事は、担当医師は触れていません。

MRIを持って行きたいと思うのですが、何て言ってお借りしたら、一番いいでしょうか??

簡単に貸してくれるのか不安で…。

Posted by 星 at 2009年08月27日 22:52
星さん、こんにちは。

MRIの貸し出しについてですが、現在セカンドオピニオンが定着してきています。正直に、担当の先生に、他の先生の意見を伺いたいのでセカンドオピニオンに受診したい、ついてはMRIを貸し出して欲しい、と話されたらいかがでしょうか。

本来MRIに限らず、画像情報の所有権は患者さんにあります。医療機関は管理する義務があるのですが、紛失などが困るので、返してください、とか貸したくない、と言われることがあります。
Posted by 桜井明弘 at 2009年09月03日 09:29
桜井先生、こんにちは。

MRIは、2週間しか貸出し出来ないと言われ、コピーして頂ける事になりました。

今月の末、先生の所に行きますね。

どうぞよろしくお願いします。
Posted by 星 at 2009年09月03日 10:47
星さん、こんばんは。

お待ちしています。一緒にMRIの画像を見て方針を検討しましょう。
Posted by 桜井明弘 at 2009年09月19日 23:31
桜井先生、こんばんわ。
ご無沙汰しております。
ご連絡遅れましたが、明日入院で、明後日柳田先生が執刀でオペすることになりました。
柳田先生の所で卵管造影検査もしました。
右は通ったものの、やはり左は詰まっており、通りませんでした。
明後日のオペの内容は、腹腔鏡で両卵巣にあるチョコレート嚢腫の摘出、卵管開口術?!、癒着剥離です。
柳田先生は、とても丁寧で偉ぶる事もなく、患者としては、安心できる先生です。
私が初診で受診した時に、桜井先生と会う機会があり、私の事は伺っていますと言ってくれました。
桜井先生のおかげで、産婦人科に回される事もなく、リプロで受診しています。
桜井先生には、本当に感謝しております。
桜井先生の所へセカンドオピニオンに行っていなければ、私はこうして前に進む事も出来ませんでした。
手術が成功して、また妊娠して赤ちゃんを抱っこ出来る日を楽しみに、治療も頑張りたいと思います。
この場をお借りして、お礼を言わせて下さい。
本当にありがとうございました。
また、元気になったら、桜井先生に会いに行きますね。
これから、また一段と寒くなるので、お身体に気を付けて頑張って下さい。
遠方ですが応援しております。

Posted by 星 at 2009年11月30日 22:27
星さん、おはようございます。

手術が決まってよかったですね。
柳田先生の受診、やはり選択したのも正解でしたね。

まだ手術は先になるでしょうが、手術後もいち早い回復をお祈りしています。
またご報告ください。
Posted by 桜井明弘 at 2009年12月03日 07:21
桜井先生、こんにちは。

12月2日、無事手術が終わりました。
そして、昨日退院しました。

手術の結果ですが、附属器癒着剥離術、左右チョコレート嚢胞核出術、右卵巣嚢胞部分切除術でした。

私の場合、腸まで癒着がヒドク、グレード4の重症だったそうです。

チョコも腸が癒着していたために、見えなかったそうです。

右卵巣嚢胞は、とても珍しく、腫瘍ではなく、淡黄色透明な水が溜まっていて、どう考えても嚢胞ではなく卵巣だと言うことで、その腫瘍と確定して取り除けば、卵巣を取る事になると言うことで、水を抜いて、一部切除して病理に出したと言う事でした。

柳田先生の他に、リプロの片寄先生、産科部長もオペに入り、3人で協議して判断しましたと言ってました。

柳田先生は、たぶん病理結果も『卵巣』だと言う結果が来ると思うとの事でした。

ただ、腹膜の表面の子宮内幕症も見られたため、レーザーで焼いたそうです。

両卵巣もレーザーで中の周りを焼いておいたと言っていました。

残念な事に、子宮にS状結腸が深くベッタリ癒着していたため、それは剥がす事は出来なかったのでそのままだと言われました。

無理に取ろうとすると、腸を傷つける事になると言うことからだそうです。

卵管は無事に両方通るようになったと言われました。
今後の治療としては、活動性子宮内幕症があるので、これから半年間生理を止める治療をした方がいいとの事でした。

桜井先生に質問なんですが…
子宮に腸が癒着したままでも妊娠可能なんでしょうか??

不安もまだまだ耐えないでいます。

Posted by 星 at 2009年12月05日 10:55
星さん、手術が無事に終わり、また退院おめでとうございます。

先生方に良くして頂いて、よかったですね。

卵管の状態は、手術された先生が一番お分かりでしょうが、もしも正常に近い状態に改善できたのであれば、妊娠は可能だと思います。

子宮内膜症ではステージ分類しますが、ステージ4の最重症の内膜症でも、卵管が正常であれば妊娠率は決して低くなりません。

半年後、ご妊娠に向けて再出発できますね。
Posted by 桜井明弘 at 2009年12月13日 22:37
桜井先生、こんばんは。

お忙しい中お返事ありがとうございました。

10日に術後の診察に行ってきました。

そして10日から生理が来て、ブセレキュアと言うジェネリックの点鼻薬で生理を止めている段階です。

相変わらず俳便痛が酷く、激痛です…。

生理痛もまだ激痛で、早く楽になりたいと思っています。

半年間生理を止めて、妊娠できる身体作りに頑張りたいと思います。

今後も柳田先生と話し合いをしながら治療していきたいと思っています。

桜井先生のお心遣いと、あたたかいお言葉がすごく嬉しいです。

本当にありがとうございます。

また何かあった時はご報告したいのですがよろしいですか??

Posted by 星 at 2009年12月14日 01:02
星さん、こんばんは。

ブセレキュアが効いてくると、月経もなくなりますので、排便痛も出てこないと思います。

もう少し頑張ってください。ご心配な点はいつでも書き込んでください。
Posted by 桜井明弘 at 2009年12月16日 17:44
桜井先生、こんばんわ。

いつも、お返事ありがとうございます。

早く点鼻薬が効いて、生理もなくなり、俳便通などの疼痛がなくなる事を願いたいです。

まだまだ副作用には不安がありますが、先生が以前、偽閉経療法の副作用の記事にも書いてあったように、日常生活などで工夫して乗り越えて行きたいと思っています。


毎回質問してすみません。
腺筋症があるひとは、妊娠しても流産する確率も高いし、中々妊娠できないとサイトで読んだ事があるのですがそうなんでしょうか??

私は腺筋症もあるので、それが事実だとしたら、本格的な不妊治療もしなければいけないのかな??とも思っているのですが…。

Posted by 星 at 2009年12月16日 23:58
星さん、こんにちは。

確かに腺筋症の程度にもよりますが、妊娠、流産率の低下はあります。星さんの場合、それほど大きなものではありませんが、可能性はあります。

不妊治療を要するかどうかは別に考えなければなりませんが、偽閉経療法が終わってから、あまり妊娠しないようであれば、時間が経つほど腺筋症が悪くなることもありますから、不妊治療をお受けになってもいいかと思います。
Posted by 桜井明弘 at 2009年12月19日 14:55
こんばんわ。
桜井先生お久しぶりです。
偽閉経療法を4月で終わり、6月5日に生理が再開しました。
でも、残念な事に痛みと排便痛が取れなく、また痛みとの格闘でした。
少しは楽になるかな??って思っていたのですが、ダメでした…。
そこで先生に質問なんですが、手術をしても痛みがあるっと言う事は、また病巣が進行し始めたっと言う事になるんでしょうか??
私には、まだたくさんの病巣が残ってると言われていたので、不安です。
Posted by 星 at 2010年06月10日 20:09
星さん、こんばんは。お久しぶりですね。
痛みが出て来てしまっていること、残念に思いますが、「痛み」=「病気の進行」とは言えません。痛みを感じるには様々な因子があるからです。是非手術してくださった先生にも、症状をお話しください。
Posted by 桜井明弘 at 2010年06月19日 01:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。