2020年07月03日

LUF(黄体化未破裂卵胞症候群)〜不妊の原因〜

一時期、不妊原因のひとつとして、このLUFが非常に注目を集めていました。
LUF、Luteinized Unruptured follicle、日本語では黄体化未破裂卵胞症候群、頭文字から、「ルフ」と呼ばれています。

こちらに新しい記事を作成しました。他の排卵障害や、hCG注射などについても解説しています。

このブログの記事は、新しくなった当院のホームページ内の院長ブログへ随時お引っ越ししています。


posted by 桜井明弘 at 10:28| Comment(6) | TrackBack(1) | 卵巣機能不全・排卵障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
こちらのブログ日記LUFについて調べていたらたどり着きました。多のう胞と診断されてから約3周期クロミッド1個とHCG,HMG(着用助け)を繰り返し使用し治療してます。
今周期はで排卵まじかだったのにでタイミングが取れずHCG注射を見送りました。
3日後に夫婦生活が持てたのですが、(既に高温期)さらに2日後の週明け、ダメ元で週診察した所、まだ排卵していない!LUFだという診断でした。

そこで、疑問なのですが、
もしHCGを打った場合、数日後エコで排卵済みなら、卵がLUFでないことが分かります。
今回のように結果的にこの卵が未破裂と分かりましたが、もしHCGを打っていたら卵は排卵していたのでしょうか?
排卵させても中身が空の卵はあるのですか?

今回排卵しなかった卵が自然に消えるのを待って次回生理が来たらまた診察に行くようにとのことでしたが、排卵していないのだから、本来、生理はこないですよね?
   
素人の浅はかな知識での愚問かもしれませんがお答え頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。
Posted by いく at 2008年11月02日 20:39
いくさん、はじめまして。書き込みありがとうございます、遅くなってごめんなさい。

本文中にあるように、hCGの投与は、LUFの治療のひとつです。よって、hCGによって排卵した可能性はあります。
LUFであっても、これも書きましたように、黄体ホルモンが、低いながらも分泌されていますので、月経は来るはずです。

これと少し異なりますが、「排卵させても中身が空の卵はある」ことがあります。卵ではなく、空の卵胞です。

LUFはなかなか理解しがたい病態ですが、分からない点は遠慮なくまた書き込んでください。
Posted by 桜井明弘 at 2008年11月09日 00:02
初めまして!不妊症治療始めたばかりの者です。3周期クロミッドを内服し、最初の2周期はその後hCG注射をし、タイミングを合わせましたがダメでした。今回3周期目ではAIHを希望していたのですが、クロミッド内服後にエコーにて直径4cmの遺残卵胞が発見され、また新しい卵胞も3個あり、3個とも20mm以上にまでなっていたので、このままAIHすると多胎になる可能性があることと、もし妊娠したとしたら重篤な副作用(腹水・胸水・脳梗塞等)が起こる可能性があるとして、今回はAIHを見送り、避妊するようにと指示を受けました。医師からは「また生理が来たらクロミッド飲んで、またエコーで見てみましょう」と言われました。
その後いろいろと疑問が残ってしまい、このブログを見つけたのでコメントさせていただきました。
疑問1:遺残卵胞とはLUFのことですか?
疑問2:遺残卵胞があるということは前回排卵しなかったということですよね?(前回は生理後10日目で25mmの卵胞確認しhCG注射しタイミングを取りました)
疑問3:今回、クロミッドだけで卵砲が3個育ちましたが、これらは排卵するのでしょうか?クロミッドだけでは排卵しにくいと聞いたことがあるのですが、遺残卵胞があるためhCGを打たなかったのでちゃんと排卵するのか心配です。
疑問4:前周期の遺残卵胞は消えますか?消えるとしたらいつ頃でしょうか?
疑問5:医師にはAIHは見送ろうと言われましたが、果たして正しかったのでしょうか?
・・・後になってAIHしとけば良かったなってちょっと思っています。
・・・年齢的にもうすぐ43歳になるので、かなり焦り気味で、早く結果を出したいのですが、現在通っている大学病院よりも専門のクリニックに転院すべきかと悩んでいます・・・
ご回答よろしくお願い致しますm(__)m
Posted by みちぃ at 2008年11月14日 19:44
みちぃさん、こんばんは。
ご質問にお答えします。
1.遺残卵胞は前周期に排卵しなかった卵胞で、LUFとは異なります。ややこしいですが。
2.遺残卵胞は主にhCG投与時にまだ成熟していなかった卵胞が、その後大きくなって次の周期に残っているものです。
前周期、排卵した卵胞があれば、そう言えますし、排卵した卵胞が確認できなければLUFの可能性があります。
3.クロミッドは卵胞発育がうまくいかない排卵障害、LHサージが起こせない排卵障害、ともに治療効果があり、「クロミッドだけでは排卵しにくい」は解せません。ただ、みちぃさんがhCGを使っても前周期LUFであったのなら、今周期LHサージによって排卵せず、LUFがまた出来る可能性もあると思います。
4.遺残卵胞は、通常次の月経では消えることが多いですが、まれに数ヶ月残る可能性もあります。
5.AIHを見送る理由が「多胎」と「卵巣過剰刺激症候群」とのことですが、前者は治療目的、方針がどのようになっているのか分からないので、コメントできません。後者についても実際に診察していないのと、みちぃさんのこれまでのクロミッドの反応性についての情報がないため、その可能性もあるとも、考えなくてもいいとも解釈できますのでコメントができません。よって医師の判断が正しいとも、そうでないとも解釈できます。申し訳ありませんが、情報量が少ないためこの質問にはお答えできません。

我々は遺残卵胞の有無について、前周期のうちか、クロミッドを内服し始める前に診察して判断し、有りの場合はクロミッド内服をお休みしていただいています。

大学病院と不妊治療クリニックの長所短所は相反するもので、お受けになる患者さんの考え方でお決めになったらいいと思います。大きな施設から我々のような小さな施設に転院される方もありますし、その反対のこともあります。セカンドオピニオンという考えもありますので、納得のいく施設で治療をぜひお受けください。
Posted by 桜井明弘 at 2008年11月16日 00:36
こんにちわ。先生にタイミングをとるように言われ4日たっても体温があがらないので、今日もう一度病院に行ったら排卵し損ねたと言われました。
私的にHCGなど打って毎回必ず確実に排卵させて欲しいと思っているのですが、病院の方針が
ナチュラルにいく!という病院で薬や注射は基本使わないと言われました。。
ほかに確実に排卵させる方法はなですか??
子供が欲しいと思いはじめてからこのLUFが結構頻繁にあります。
Posted by 花ぴ at 2011年04月20日 11:37
花ぴさん、こんにちは。

もしLUFであれば、hCG投与がいいと思いますが、hCG投与と自然のLHサージによる排卵では妊娠率が異なる、と言う先生がいます。
当院の妊娠率では今のところ同等ですが。

よく担当の先生と相談なさって下さい。
Posted by 桜井明弘 at 2011年04月20日 13:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

LHサージ不全
Excerpt: これまであげてきた「排卵遅延」「LHサージ遅延」「LUF(黄体化未破裂卵胞症候群)」よりも重い状態です。 卵胞が発育しない、狭義の「無排卵」とは異なり、卵胞発育は見られます。 しかし「LHサージ遅延..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら
Tracked: 2008-08-17 22:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。