2020年06月07日

遅延排卵 〜排卵障害〜

排卵障害の中に「遅延排卵」があります。

患者さんは、「月経周期が長い」とか、「なかなか高温期にならない」と感じているのではないでしょうか。

妊娠を希望されてなければ、必ずしも病的な状態とは言えないかも知れません。

こちらに新しい記事を作成しました

このブログの記事は、新しくなった当院のホームページ内の院長ブログへ随時お引っ越ししています。



posted by 桜井明弘 at 04:09| Comment(2) | TrackBack(2) | 卵巣機能不全・排卵障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
櫻井明弘先生こんばんは。ご無沙汰しています。賛育会病院では大変お世話になり、心から感謝しております。排卵期頃、不正出血があり櫻井先生に診てもらおうかと賛育会病院に電話で問い合わせたところ退職したとの事、大変ショックでした。おばあちゃんになるまで先生診てもらおうと決めていたんですよ怒り(ムカッ)仕方なく近所の婦人科で診てもらいました。排卵してなく卵包はありましたが、子宮内膜共に未成熟との事。少し遅れたみたいで良かったです。心配ないでしょうとの事ホッと一安心。でも、やっぱり先生に診て頂きたかったです先生の丁寧な診察、対応が心から安心するのです。なかなか信頼できる産婦人科医っていないですから…。ネットで検索して発見した時は嬉しかったです。ブログも拝見しました。リフレクソロジー初体験のブログは笑ってしまいました。とても居心地よさそうなクリニックですね。アロマの香でリラックスできそうです。今度、健診で伺いたいです。頑張って下さいね
Posted by 逆井 香世子 at 2008年07月30日 23:38
逆井さん、ご無沙汰です。お元気ですか?

賛育会病院は、退職したものの現在非常勤勤務を継続させていただいています。
ただ、外来診療が終わってしまったので、皆さんにご迷惑をおかけしてしまいました。

何とか継続して診療にあたり続けたい、とは思っているのですが、おばあちゃんになった逆井さんを想像出来ませんね。

少し遠いですが、季節のいいときにでも是非いらしてください。リフレクソロジーも、お勧めですよ(笑)。
Posted by 桜井明弘 at 2008年07月31日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

LHサージ遅延 ~排卵障害・卵巣機能不全~
Excerpt: 排卵が起こるきっかけは、卵巣に卵胞が発育し、下垂体からLHが多く分泌される状態、LHサージが起こることによります。LHの刺激で卵胞がつぶれ、卵子が卵胞から卵管内に取り込まれる、これが排卵です。 排卵..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら
Tracked: 2008-08-15 23:46

LHサージ不全
Excerpt: これまであげてきた「排卵遅延」「LHサージ遅延」「LUF(黄体化未破裂卵胞症候群)」よりも重い状態です。 卵胞が発育しない、狭義の「無排卵」とは異なり、卵胞発育は見られます。 しかし「LHサージ遅延..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら
Tracked: 2008-08-17 22:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。