2008年07月11日

卵巣機能異常の概念

卵巣機能不全や排卵障害が理解されにくいのは、原因疾患と病態、症状がごちゃ混ぜにされやすいためです。これは産婦人科医の中でもよくあります。

卵巣機能障害の症状、原因は多岐にわたりますが、卵巣機能障害の程度は以下のようになります。またこの程度の違いを理解することが卵巣機能不全の理解につながります。

正常⇔黄体機能不全⇔無排卵⇔無月経

一概に卵巣機能不全といっても上記の黄体機能不全から無月経まで程度が異なり、右に行くほど重症度が高いです。
たとえば症状として、不正性器出血がありますが、黄体機能不全であれば黄体期(高温期)の不正出血が、無排卵であれば排卵が遅れることによる不正出血や、一見月経と間違える、数ヵ月ごとの出血が見られることがあります。

これらの病態を把握しておくことは重要です。卵巣機能の改善や増悪もおおよそこの順に治っていく、または悪くなっていく傾向があるからです。
たとえば無排卵に対する治療として有名な排卵誘発剤、クロミッドを使ったとします。無排卵は改善でき、全くの正常になることもありますが、黄体機能不全が残ることもよくあります。
ですから我々も、患者さんも今回の周期がどのような状態にあるのか、どこまで改善されているのか、把握することが病態と治療の理解につながることになるのです。


関連記事補筆修正
排卵障害・卵巣機能不全


産婦人科クリニック さくら のブログ、カテゴリ(左欄)、リンク(右欄)に卵巣機能不全・排卵障害を加えました。
 ご好評により、アクセスしやすいように追加しましたのでどうぞクリックしてください。


・さくらトリートメントの竹本さんのブログでもお知らせされているように、「第2回アロマテラピー講習会のお知らせ」が行われます。
第1回は大変ご好評をいただき、第2回目の開催の運びとなりました。
院長の私も時間を調整してぜひ参加したいと思っています。
まだ参加受付中です。定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにご連絡ください。


産婦人科クリニック さくら スタッフブログ、連載中です。
現在ご好評いただき継続連載しているのは「健康維持 Q&A」です。この季節によくいただくご質問にお答えする形で書いています。


posted by 桜井明弘 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(2) | 産婦人科一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

LHサージ遅延 ~排卵障害・卵巣機能不全~
Excerpt: 排卵が起こるきっかけは、卵巣に卵胞が発育し、下垂体からLHが多く分泌される状態、LHサージが起こることによります。LHの刺激で卵胞がつぶれ、卵子が卵胞から卵管内に取り込まれる、これが排卵です。 排卵..
Weblog: 産婦人科クリニック さくら
Tracked: 2008-08-15 23:46

京都(卵巣癌名病院)
Excerpt: ■ 京都大学医学部附属病院 産科婦人科 【連絡先】 075-751-3111 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 【特徴】 ・広汎子宮全摘術の術中出血量減少・神経機能温存、骨盤内..
Weblog: 癌名医・名病院データベース
Tracked: 2008-09-07 11:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。