2016年12月28日

OC(低用量ピル) 〜子宮内膜症の治療法〜

この子宮内膜症シリーズも、いよいよ佳境に入ってきました。

現在の産婦人科診療において、非常に大きなウェイトを占めるOC、今さら低用量ピル、と説明しなくてもいいくらい、OCという言葉は市民権を得ています。
子宮内膜症治療としてのOC/LEPについて、更新した記事の続きはこちらをご覧下さい

このブログの記事は、今後、新しくなった当院のホームページ内の院長ブログへ随時お引っ越しする予定です。

2016年12月28日更新


OCの副効用について、こちらのリンク先記事をご覧下さい。
月経痛
PMS(月経前症候群)
排卵痛
不正出血、月経不順
過多月経
にきび、肌荒れ
子宮内膜症(子宮腺筋症も含む)
子宮筋腫
・ 卵巣がん、子宮体がん
・ 良性乳房疾患
など


posted by 桜井明弘 at 14:51| Comment(49) | TrackBack(17) | 子宮内膜症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮内黄体ホルモン放出システム「ミレーナ」が、過多月経を対象に、保険適応となります。 〜過多月経の新しい治療法〜

新しい治療法、と書きましたが、7年前から使われている子宮内避妊器具、よく「リング」とか「避妊リング」と呼び慣わされている、IntraUterine System、IUSの一つである「ミレーナ」の子宮腺筋症治療効果ついて再度ご紹介します。

703543_475651362485411_1423354928_o.jpg

更新したミレーナ記事の続きはこちらをご覧下さい

このブログの記事は、今後、新しくなった当院のホームページ内の院長ブログへ随時お引っ越しする予定です。

2016年12月28日更新
posted by 桜井明弘 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ディナゲスト」 〜子宮内膜症の内服治療薬〜 (2013年2月28日補筆修正)

2008年1月21日に、子宮内膜症の新しい治療薬が発売されました。

内膜症の内服治療薬は、実にダナゾール以来です。

子宮内膜症や子宮腺筋症に用いるディナゲストの更新した記事の続きはこちらをご覧下さい

このブログの記事は、今後、新しくなった当院のホームページ内の院長ブログへ随時お引っ越しする予定です。

2016年12月28日更新
posted by 桜井明弘 at 14:47| Comment(128) | TrackBack(6) | 子宮内膜症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偽閉経療法

子宮内膜症や子宮筋腫、といったエストロゲン依存性疾患は、エストロゲンが分泌されている年齢に特有の病気です。つまり、月経がある間に悪化し、閉経後は徐々に病変が小さくなっていきます。

「偽閉経療法」は注射や点鼻薬により、卵巣の活動性を停止させ、ひいてはエストロゲン分泌を低下させる方法です。つまり偽りの、一時的な「閉経」状態を作り出しますため、「偽閉経療法」と呼ばれています。

投与法は上にあげたように注射剤と点鼻薬があります。

更新した記事の続きはこちらをご覧下さい

このブログの記事は、今後、新しくなった当院のホームページ内の院長ブログへ随時お引っ越しする予定です。

2016年12月28日更新
posted by 桜井明弘 at 14:45| Comment(77) | TrackBack(14) | 子宮内膜症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

ディナゲスト再考 〜子宮内膜症の治療法〜

子宮内膜症治療薬「ディナゲスト」の治療効果と副作用対策について書いています。

ディナゲストは、「ジェノゲスト」という名前の黄体ホルモン製剤で、低用量ピル(OC)に含まれている黄体ホルモンが改良、改善されたいわゆる「第4世代」の黄体ホルモン製剤です。

この黄体ホルモン製剤の開発の経緯は、いかに「アンドロゲン活性がない(=男性ホルモン作用がない)」黄体ホルモン製剤を作るか、に尽きると言っても過言ではありません。
これはニキビや肌荒れ、多毛などの副作用を軽減する、ということです。

記事の続きはこちらをご覧下さい

このブログの記事は、今後、新しくなった当院のホームページ内の院長ブログへ随時お引っ越しする予定です。

2016年12月25日更新
posted by 桜井明弘 at 08:51| Comment(27) | TrackBack(0) | 子宮内膜症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

子宮内膜症 〜子宮内膜症って?〜

子宮内膜症は私の専門の一つでもあり、これまで書いてきた記事に対して、大変重い気持ち、責任感を抱いています。生半可なことは書けないな、と思う一方で、一人でも多くの方に読んでいただきたい、といった決意です。

子宮内膜症は主に2つの症状により、女性のQOLを低下させています。
それは「疼痛(痛み)」と「不妊」です。

子宮内膜症と一言で言えないくらい、病気の程度は様々で、病態も多岐にわたり、更に治療法も沢山あります。

iStock_000017443491XSmall.jpg

記事の続きはこちらをご覧下さい

このシリーズの記事も、今後、新しくなった当院のホームページ内の院長ブログへ随時お引っ越しする予定です。

2016年12月21日更新
posted by 桜井明弘 at 09:33| Comment(150) | TrackBack(27) | 子宮内膜症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

「毎月右左、交代で排卵しますよね?」 〜排卵に関するいくつかの誤解〜

アクセス数の多いこの記事ですが、補筆修正し、ホームページの院長ブログに引っ越ししました。

「排卵は左右の卵巣から交互に起こる」
「今月右だったから、来月は左だな」
「先月、左の排卵痛だったのに、今月も左に排卵痛、私の右の卵巣はどうなっちゃたの?」
「私は右の卵巣を失い左の卵巣しかないので、排卵は2ヶ月に1回ですね」

卵胞US.jpg

排卵に関する誤解シリーズ、最終回はもしかしたら今までの記事の中で最も多くの方に驚きを与えてしまうかもしれませんね。

一体いつ、誰が排卵は交代性、といったのでしょうか。

詳しくはこちらをご覧下さい
ラベル:主席卵胞 排卵
posted by 桜井明弘 at 09:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 産婦人科一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年1月の高度生殖医療説明会の日程について

2017年の高度生殖医療説明会の日程が決まりましたのでお知らせ致します🏥

2017年1月28日、土曜日
 時間は15:00〜17:00の予定です😃
  終了時間は前後することもありますのでご了承下さい。

ICSI.jpg

定員は10組です💡
残席数は8組ですので、まだお席に余裕があります🎶
ご希望の方はご予約下さい😃
お申し込みはさくらへお電話をいただくか、直接受付にて承っていますので、ご希望の方はお声がけください✨

😃お知らせしておりますが、2017年より現在のクリニックの斜め向かいに移転しますので、ご注意下さい😃

💡ご注意💡
・1組 3000円のお申し込み費用がかかります。
・説明会の3日前までのキャンセルは返金致します。それ以降の返金はできませんので予めご了承ください。
・産婦人科クリニックさくらで高度生殖医療をお受けになる方はできるだけ、ご夫婦そろってご参加ください。
・お子様は説明会に参加できませんので、お子様を預けることができない場合は❀さくら相談室❀をご利用ください。そちらも受付、またはお電話にてご予約を承ります。
・お車で来院される方はクリニックの駐車場をご利用下さい🚙
ただし駐車台数に制限がありますので、なるべく公共交通機関、または近隣の駐車場をご利用下さい。
posted by 桜井明弘 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 高度生殖医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

ミレーナ 患者さんの声「みんなに広めるべき」

過多月経、月経困難症の治療器機である、子宮内留置器具の「ミレーナⓇ」。

703543_475651362485411_1423354928_o.jpg

もともとは避妊効果を、より高めた避妊リングとして開発されたものですが、避妊効果を高める目的にレボノルゲストレル、という黄体ホルモンが添加されています。このレボノルゲストレル、およそ5年間の装着期間内に少しずつ溶け出して、ミレーナが挿入された子宮内の内側、子宮内膜が厚くなることを抑制します。

ここから月経量が多い、過多月経の治療として、また月経量を減らすことにより月経痛の軽減効果があります。

治療を受けた患者さんの声、ミレーナの解説はこちらをご覧下さい。
ラベル:ミレーナ
posted by 桜井明弘 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

インフルエンザの流行情報

例年こちらのブログで最新情報をお伝えしてきましたが、今後はこちらのリンク先に最新情報を載せていきます。
posted by 桜井明弘 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

産婦人科クリニックさくらのHPがリニューアルしました。

12月3日、産婦人科クリニックさくらのホームページがリニューアルしました。

スクリーンショット 2016-12-03 7.37.53.png

1月の移転を機に、よりわかりやすいHPとすることを心がけました。

これまで、公式HPの他、不妊治療HP、スマホサイト、不妊治療スマホサイト、アプリを提供してきましたが、
今回のホームページでは、レスポンシブデザインを採用し、
利用者がPC、タブレット、スマートフォンのいずれを利用しても同じ内容が見られる様になります。

情報の更新などもこれまで以上に頻回に行えるため、
よりスピーディーに新しい情報をお伝えすることが出来ます。

これに伴い、当院のHPは、不妊治療HP、スマホサイト、不妊治療スマホサイトを閉鎖させて頂き、以後の更新は致しません。
ラベル:HP
posted by 桜井明弘 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | HPについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

1月10日(火)から再開する外来診療がネットでも予約できるようになりました。

1月10日からの移転開業を目指して様々な準備を進めていますが、

移転後の大きな変更点の一つが、

「予約システム」

です。

ネットやスマホで予約できるシステムと、院内の診察室への呼び込みシステムを併せ持った機能です。

ご利用登録、ご利用法については、こちらをご覧下さい。

初出:2016年12月2日
更新:2016年12月29日
ラベル:予約
posted by 桜井明弘 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。