2017年11月14日

高度生殖医療で用いる黄体ホルモン「ルティナス腟錠100mg」の価格を見直しました。

高度生殖医療では、着床期の黄体ホルモンの不足を補うため、黄体補充、つまり黄体ホルモンを補充することが必要です。

当院では、
・デュファストン(内服)
・プロベラ(内服)
・プロゲステロン注射剤
・プロゲデポー注射剤
などを用いてきましたが、2014年12月に新しい黄体ホルモン製剤である「ルティナス腟錠」が処方可能となりました。

ルティナス腟錠.jpg

ルティナス腟錠の説明と新価格について、新しいHPのブログにアップしました。

このブログの記事は、今後、新しくなった当院のホームページ内の院長ブログへ随時お引っ越しする予定です。

2017年11月14日更新
posted by 桜井明弘 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 高度生殖医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマホで精子セルフチェックができる「Seem」の院内販売を開始しました。

今話題の、スマホで精子のセルフチェックができるキット「Seem」の院内販売を再開しました。

Seemキット.jpeg

詳しい治療内容について新しいHPのブログにアップしました。

このブログの記事は、今後、新しくなった当院のホームページ内の院長ブログへ随時お引っ越しする予定です。

2017年11月14日更新
posted by 桜井明弘 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性の方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

性交障害・射精障害 〜不妊治療との関係〜

診察室では、患者さん(奥様)だけでなく、ご主人からも「性交障害」について相談されることが多いです。

時に女性の性交障害を相談されることがありますが、やはり多くは男性側の相談です。

0418c21182a1f2db179d09a9dc992749_s.jpg

性交障害は大きな意味では勃起不全を含みます。
勃起不全は男性が勃起しない状態で、「ED」と呼ばれています。

性交障害、射精障害について、また対策法について産婦人科クリニックさくらのHPのブログ記事に更新しました。

(2013年9月26日加筆修正)
(2014年9月19日補筆修正)
(2014年9月23日補筆修正)
(2017年11月2日修正)
posted by 桜井明弘 at 15:18| Comment(2) | TrackBack(1) | 生殖医療(不妊治療)一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

インフルエンザワクチン接種のご案内

インフルエンザワクチン接種や、接種費用、産婦人科クリニックさくらでの接種、そして、妊娠を考えている方、妊娠している方へのインフルエンザワクチン接種についてはこちらをご覧下さい
posted by 桜井明弘 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

エクオール含有サプリメント「エクエル」とエクオール産生検査「ソイチェック」のご紹介 ソイチェックでエクオールを作れるのか、検査してみましょう。

大豆イソフラボンの健康効果は皆さんご存知かと思います。

しかし、大豆イソフラボン、摂取して即効果、ではありません。
腸内細菌がイソフラボンを「エクオール」に転換し、このエクオールが様々な効果をもたらしてくれるのです。

しかしこのエクオール、実は誰もが産生できるわけではなく、腸内細菌の働きによって、
作ることが出来ない方もいらっしゃいます。

9月11日(月)のNHK「朝イチ」の特集をご覧になったでしょうか。

高齢者の病気と思われる脳梗塞ですが、女性では40歳代から増える高血圧とともに見られてくるそうです。

エクオール含有サプリメント「エクエル」とエクオール産生検査「ソイチェック」について、こちらの院長ブログで紹介しています。

このブログの記事は、随時、新しくなった当院のホームページ内の院長ブログへお引っ越しする予定です。

2017年9月12日更新
posted by 桜井明弘 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

クラミジア、ヘルペスなどの性病はコンドームの装着で予防できます。

緊急避妊ピルの処方のために来院された20代前半の方。

夕べの性交渉で「失敗」してしまった、とのことでした。
聞くとコンドームは着けずに腟内射精をしてしまったんですね。


8524bca87c20844a59f11709f9031801_s.jpg


コンドームは避妊だけでなく、クラミジアなど性病(現在では性行為感染症=STIと呼ばれます)を防ぐ唯一の方法だと言うことをお話しましたら、あ、以前クラミジアに罹ったことがあります、と。

我々の常識から言えば、一度性病に罹ったのだから、二度と罹りたくない、そのためにはコンドームは性交渉の最初から最後までしていなければなりませんよね。

また、同じく20代前半で、最近、初めての性交渉があり、その数日後からかゆみとおりものの異常に気付き来院。

初めてだったので、痛いんでしょうが、まだ痛いんです。

診察の結果、性器ヘルペスの感染でした。

やはりコンドームは最初は使わず、射精の時だけだったそうです。
その患者さんは、初めての性経験だったので、何も分からず、全てパートナーに任せていたそうです。

ここで問題となるのは、前者の方はクラミジアに感染してしまったことで、一度の感染でも卵管の異常を来す可能性があり、それだけで生涯にわたって不妊症となっている可能性が高くなります。
また、後者の方も、ヘルペス感染は一過性のものでは無く、生涯にわたり繰り返し繰り返し再発し、60歳や70歳になっても再発しうる、ということです。

どちらも生涯にわたる悲劇の始まりを20歳そこそこの若さで背負ってしまったわけですが、性に対する知識や常識が余りにも欠如している事が原因で、こう言った患者さんを一人でも防ぐためには、男女問わない啓蒙活動を、これからもし続けなければならない、と改めて思った外来診療でした。

STIの情報は、産婦人科クリニックさくらのHPも是非ご覧下さい
posted by 桜井明弘 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尖圭コンジローマと「ベセルナクリーム」

以前、「クラミジア感染症」の記事に「コンジローマについて記事にして欲しい」と言うコメントを頂きました。

コンジローマはHPVというウィルスによって起こされます。
HPVには種類があり、ハイリスク、とされるHPVはコンジローマではなく子宮頚がんの発生と深いかかわりがあります。

コンジローマを形成するのは低リスクのHPVです。

コンジローマなどの性行為感染症、STIについてHPに解説しています。

このブログの記事は、随時、新しくなった当院のホームページ内の院長ブログへお引っ越しする予定です。

2017年2月1日更新
2017年8月24日更新
posted by 桜井明弘 at 11:21| Comment(121) | TrackBack(2) | 子宮頸がん・HPV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産婦人科クリニックさくらで行う高度生殖医療説明会について

体外受精など高度生殖医療をお受けになる前に、高度生殖医療説明会に参加して頂いています。

日程や詳細は、産婦人科クリニックさくらのHPをご覧下さい
posted by 桜井明弘 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の医療情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最新の診療情報 8月から10月の診療のお知らせ

最新の診療情報はこちらで8月から10月の診療予定をお知らせしています。

当院のホームページが新しくなりました。
今後、この院長ブログは、ホームページ内のお知らせ院長ブログへ随時お引っ越しする予定です。
posted by 桜井明弘 at 11:12| Comment(21) | TrackBack(0) | 診療のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

遺伝性卵巣がんの治療薬が承認申請されました。〜遺伝性腫瘍・家族性腫瘍とは?〜

「がんは遺伝する、がん家系がある」とはよく言われていましたが、多くのがんは、家族的に似た生活習慣や環境によるものとされ、明らかな遺伝、家系は分かっていませんでした。

近年、遺伝子解析、遺伝子診断が進み、10種類ほどの遺伝性腫瘍が分かってきましたが、いよいよ治療薬が承認申請されました。

2d04e1fec4eefff10f308d73798a6405_s.jpg

こちらのリンク先で解説しています

当院のホームページが新しくなりました。
今後、この院長ブログは、ホームページ内のお知らせ院長ブログへ随時お引っ越しする予定です。
posted by 桜井明弘 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする